menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

建築物-北九州

再び北九州へ。歴史的建造物を巡る旅(3・了)河内貯水池・八幡駅周辺 2008年11月30日

今回の北九州の旅も最終日。夕刻の北九州空港発の便に間に合うように小倉を出発。 目的地は八幡駅。そこからバスで河内貯水池へ。寂しいところだ。人っ子一人いない。 画面中央の円筒形(裏に回ると蒲鉾型だとわかる)の構造物が河内貯水池ダムの取水塔。192…

再び北九州へ。歴史的建造物を巡る旅(2)産業観光バスツアー〈門司麦酒煉瓦館〉と〈関門製糖〉 2008年11月28日

北九州の歴史的建造物を巡る旅。2回目は「産業観光バスツアー」に参加した模様です。今回は、〈門司麦酒煉瓦館〉と〈関門製糖〉に伺いました。午後1時半、門司港ホテルを出発。チャーターしたマイクロバスに参加者は10名ほどです。 ガイドの方に、大里エリア…

再び北九州へ。歴史的建造物を巡る旅(1)門司港駅、旧秋田商会ビル 2008年11月28日

もう何度目かの北九州。今回は北九州空港ではなく、福岡空港から地下鉄、鹿児島本線を乗り継ぎ、門司港駅へ。ホーム先端から門司港駅舎を。って遠くてわかんないや。今回、撮影機材はSONYのα900と、MINOLTA AF17-35 F3.5 およびAF24-105 、そしてAF35-105 で…

北九州へ。歴史的近代建築を巡る旅(5・了)下関・秋田商会、大里エリア。 2008年2月14日

若松を後にして、一旦門司港駅へ引き返す。 この後連絡船で対岸の下関まで。お目当てはもちろん秋田商会だ。 関門汽船を下関側で降りると、すぐに目に入るのが〈関門ビル〉です。〈関門ビル〉は、1931年(昭和6)に関門汽船株式会社が建設したビルで、事務所…

北九州へ。歴史的近代建築を巡る旅(4)戸畑・若松エリア。 2008年2月14日

北九州2日目。門司港駅から鹿児島本線で戸畑駅へ。海側の駅前にはかつて明治製菓戸畑工場が存在しましたが、今は更地となってしまいました。 戸畑駅前から若戸大橋を望む。この道をまっすぐ。若戸渡船方面へ歩みを進めます。 若戸大橋のたもとの渡し舟乗り…

北九州へ。歴史的近代建築を巡る旅(3)山口銀行門司支店、岩田屋、三井倉庫、旧門司税関1号上屋ほか。 2008年2月13日

この日は朝からの雪で、北九州都市高速と関門大橋が通行止めとなったらしく、関門トンネルへ続く3号線は大渋滞。 山口銀行門司支店は旧横浜正金銀行門司支店として1934年(昭和9)竣工。 その重厚感には圧倒されます。 横浜正金銀行は外国為替の取り扱いを専…

北九州へ。歴史的近代建築を巡る旅(2)旧大阪商船、門司郵船ビル、旧JR九州第一庁舎。 2008年2月13日

1884年(明治17)に設立された海運会社・大阪商船の、門司支店として使われていたのがこの建物です。 1917年(大正6)に竣工した社屋は建物の角にある八角形の塔が特徴です。門司港レトロを代表する旧大阪商船の建物。2月のこの時期は「ふぐと灯りとひなま…

北九州へ。歴史的近代建築を巡る旅(1)門司港駅 2008年2月13日

1年ぶりの北九州です。歴史的近代建築を巡る旅。 北九州空港への飛行機はナローなMD-90。揺れがリアルに感じられてスリルです。。。 富士山の真上を飛ぶのですが、とてもいい気分です。この路線を飛ぶときは左窓側の座席のリザーブをお勧めします。 北九州空…


スポンサードリンク