menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

映画『ターミネーター ニュー・フェイト』(原題:Terminator: Dark Fate)を観た。

 

(C)2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film

(C)2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film



若干のネタバレあります。

今日観てきました。
オープニングから中盤まではかなりダレます。いままで繰り広げられてきた『ターミネーター』シリーズにおけるチェイスシーンの繰り返しだからです。
話の筋もです。
リンダ・ハミルトンが久しぶりに演じる〈サラ・コナー〉がミスリードを狙ったある台詞を吐きます。よって、観ている方はネタ明かしがされたのち、当然の如くある事実に気づきます。

続きを読む

京都の洋食、使えるお店! 朝食とランチのオススメ・その6

京都の洋食、使えるお店! 朝食とランチのオススメ・その6

管理人menehuneが足で稼いだ京都の美味しい洋食屋さん(たまに和食も)を随時紹介! あなたの旅のご参考になればと思います。その6です。

21)まるさか洋食堂(まるさかようしょくどう)

京都高野 まるさか洋食堂〈カナート洛北〉のリニューアルオープンを12月に控えた左京区高野。そんなカナート洛北から北大路通へ向かい、「ラーメンストリート」と呼ばれる東大路通より一本西側、高野交番脇の路地を北に向かうと「賀茂波爾神社(かもはにじんじゃ)」の向かいに見えてくるのが、2019年春に開業したばかりの町洋食〈まるさか洋食堂〉だ。

続きを読む

京都の洋食、使えるお店! 朝食とランチのオススメ・その5

 京都の洋食、使えるお店! 朝食とランチのオススメ・その5

管理人menehuneが足で稼いだ京都の美味しい洋食屋さん(たまに和食も)を随時紹介! あなたの旅のご参考になればと思います。その5。

17)グリルじゅんさい(ぐりるじゅんさい

グリルじゅんさい
京都市営地下鉄烏丸線の「国際会館」駅下車、4-1出口が近いです。すぐに〈グリルじゅんさい〉は見つかります。menehuneは叡山電車「宝ヶ池」駅から歩きましたが、1.2キロくらいです。宝ヶ池公園側からアプローチしたほうが、見るものが多くて楽しいと思います。menehuneがアプローチした道は最短でしたが、ただの住宅街を歩くだけだったので退屈でした。

続きを読む

近況

1週間ほど京都をぶらぶらしていたので、更新が滞っております。最近ほとんど更新していないけれど。
この間、トネ・コーケンはん原作のラノベスーパーカブ』のアニメ化が決定したというニュースが表面化したそうで、原作未読ではありますが、『明日ちゃんのセーラー服』の作者、博はんがイラストレーションを務める同作がアニメ化ということで、menehuneはとても楽しみなのです。
以前、同氏の『ゆめくり』がなぜ正式にアニメ化されなかったのか、

www.menehunephoto.net

という件で私見を書きましたが、ついに博はんが絡んだ作品が正式アニメ化されるようですね。
後出しじゃんけんですが、この『スーパーカブ』、近々アニメ化されるのでは、と考えていました。キャラデザがほぼ完成されていますからね。このまま、博はんがクレジットされるのかもしれません。
本当の気持ちは、いまこそ『ゆめくり』をCDのおまけじゃなくて、本チャンのアニメ化してほしいのだけれど、完結しているからこそ、却ってやりづらいのかもしれません。
アクアリウム』は厳しいかもしれないけど、『明日ちゃんのセーラー服』もアニメ化のハードルは再現性問題で高いからねえ。

また、この間、現地京都の大垣書店で岡崎琢磨はんの『珈琲店タレーランの事件簿6 コーヒーカップいっぱいの愛』がドロップされていることを知り、若干逡巡し、結局購入しました。前作で、紫式部に言及されたせいで、読む気が薄れ、ほとんど印象に残っていないこともあります。でも、結局買ったので、感想は追って書ければ書きます。

京アニはんの件も含め、京都の旅の収穫は、明日以降順次、このブログと、姉妹ブログで書いていこうと思います。

京都の数少ない温泉〈さがの温泉 天山の湯〉に浸かってきました。

京都の数少ない温泉〈さがの温泉 天山の湯〉
京都の数少ない温泉〈さがの温泉 天山の湯〉に浸かってきました。
意外な発見に正直驚きました。

〈さがの温泉 天山の湯〉に行くには、車のほか、電車とバスの交通手段があります。
京都市営バス、京都バス、ともに「生田口」バス停下車すぐ。230円コースです。
また、嵐山本線「有栖川」駅から徒歩3分ほどでしょうか。京都中心部から30分ほどで到着できます。
「生田口」バス停で下車すると、すぐに地元のスーパーマーケット、〈DAIKOKUYA〉が目に入ります。その奥に、〈さがの温泉 天山の湯〉がすぐに見えてきます。細い道路の割に交通量が多いので注意が必要です。

続きを読む

京都の数少ない温泉〈くらま温泉〉に浸かってきました。

京都〈鞍馬温泉〉バス停京都の数少ない温泉〈くらま温泉〉に浸かってきました。
たまに話題に上がりますが、世界的な観光地、京都にあって、なぜか「温泉」は数えるほどしかありません。もっとも関西地方では、沸かし湯の銭湯も「温泉」と名乗ることが多いので、表面上、温泉として検索される施設は結構あります。しかし、「天然温泉」となると話は変わってきます。京都は水が良いので、地下水脈は豊富ですが、故に温泉は出ない、と聞いたことがあります。
そんな温泉の少ない京都の天然温泉の一つ、〈くらま温泉〉に浸かってきました。

続きを読む

松原通宮川筋の〈力餅食堂・北垣商店〉であげカレーうどん

松原通宮川筋の〈力餅食堂・北垣商店〉みやこめっせで「株式会社京都アニメーション お別れ そして志を繋ぐ式」へ参列したのち、三条から祇園に抜け、建仁寺を抜け、松原通まで出てしまった。久しぶりに歩いたな。朝10時過ぎにカレーうどんを食べ、国際会館で洋食ランチをしてなお、小腹が減った。これだけ歩けば当然か。
洋食の〈グリル富久屋〉の並びにある、〈力餅食堂・北垣商店〉に飛び込んだ。

続きを読む

スポンサードリンク