menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサーリンク

アニメ『響け!ユーフォニアム3』いよいよ放送開始。第1話雑感。


スポンサーリンク

響け!ユーフォニアム・久美子3年生編制作決定告知

©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

もはや懐かしい池田晶子さんによる新作制作決定イラストです。アニメ『響け!ユーフォニアム3』はキャラデザ、池田晶子さんと池田和美さんのダブルネーム。総作監池田和美さんにより、いよいよ2024年4月7日、放送されました。

 

www.menehunephoto.net
2019年6月に書いた当ブログ記事で、武田綾乃さんの原作『響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 前編・後編』の感想と、これはテレビで放送しないと描き切れません、と書いた予想は当たっていました。今更ですが。



アニメ『響け!ユーフォニアム3』2024年4月よりNHK Eテレにて放送決定告知

©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会2024

黒江真由の体躯は原作でも描写がある通り、着やせするタイプでグラマラスですが、上のオンエア告知でも意識して描き込まれていることがわかります。NHKでどこまで描写できるかは???では1話の雑感を書きますが、以下盛大なネタバレがありますのでご注意ください。

 

アニメ『響け!ユーフォニアム3』キービジュアル

©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会2024

先ほどオンエアされた初回放送を拝見しましたが、いくつか感じた点を書きます。ひとつは上にあげた2019年に書いたエントリでも言及した、原作『響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 前編』のプロローグの主人公は誰かという点。当時私は〈滝 昇〉もしくは〈黄前久美子〉でも成り立つよね、と書きましたが、今日のオンエアでは意表を突かれました。まさか?の〈松本美知恵〉センセイというアニメ的解釈だったのです。これ、違和感を覚えた方多かったのではないでしょうか。よもや「副顧問」繋がりだったとは!二つ目はやはり〈黒江真由〉の登場の仕方です。原作同様、職員室や教室の空き机の描写がありながら、時空がゆがんだ形での、台詞込みのあの登場。2話目以降はしれっと3‐3の教室で馴染んでいるのでしょうか?なお、声を当てた戸松遥さんについては「スフィア」メンバーだったことくらいは存じていますが、過去作のイメージがないため、違和感なく見ることができました。先のエントリで書いた、かやのんじゃなかったけどね。

アニメ『響け!ユーフォニアム3』第1話エンドカード

Copyright NHK. All rights reserved.

原作大幅改変となった本件については、自虐ネタとして3-3のクラスメイト、吹部の〈釜屋つばめ〉がエンドカードにおいて独白でフォローしている感じです。何ででしょうねw こっちが教えてほしいわw

あといくつか感じた点。過去のエントリでも書いた、『特別編 響け!ユーフォニアム~アンサンブルコンテスト~』を観ていて感じた、キャラクター、特に体躯(たいく:体つきの意)の描き方が全体的にボリューミーになってやしないかという点と、キャラクターの顔の肉付きが良くなりすぎているシーンは改善された気がします。それから過去作の回想シーンがいくつかインサートされる場面がありましたが、フィルターのかけ方が違うのか、かつての絵づくりに追い付いていないな(葵と晴香のそれ)、という点と、旧3年生4人が卒業していくシーン(スタッフ的には〈田中あすか〉オマージュなんだろうけど)がやっつけぽかった点でしょうか。みぞれのキャラ崩壊してたし。
現在的に星野源の『恋』をフィーチャーしたのはいいけど、キャラの演奏シーンを描き込まないなど、若干の不満もあったりして。

。。。と若干辛辣なことも書きましたが、久しぶりのアニメ鑑賞、日曜日の17時が楽しみです。でもこのペースだと、ワンクールじゃ到底収まらないですよね。9月までやるのかもしれませんね。


スポンサーリンク