menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

建築物

ヨドコウ迎賓館(旧山邑邸)へ行ってきた。SONY α900で撮影。2009年7月5日

※2009年当時の記事を増補、再掲載しました。関西出張の帰りに、淀川製鋼所のゲストハウスとして保存されている、ヨドコウ迎賓館(旧山邑邸)に行ってきた。 Frank Lloyd Wright (フランク・ロイド・ライト)設計の国内で現存する数少ない物件で、国の重要文…

港区立郷土歴史館(旧公衆衛生院)へ行ってきました。

調べ物があって、港区三田図書館に足を運び、郷土歴史館が移転していることを知った。地下鉄を乗り継ぎ、港区立郷土歴史館へ向かった。石造りの立派な建物の存在に驚いた。1938年(昭和13年)に建設された〈公衆衛生院〉という施設だったそうだ。受付を済ま…

横浜橋商店街「酔来軒」の酔来丼を。そして近代建築の新しい発見。

横浜橋商店街「酔来軒」の酔来丼(すいらいどん)を。そして新しい発見。 2018年のいま、400円で堪能できるんだからステキ! 自分で作れなくもないとは思うけど。 地図を見ていたら、店の近くに神奈川県埋蔵文化財センターとある。博物館?と思い歩いていく…

神田の「丸石ビルディング」、少し攻めてみた。

神田の「丸石ビルディング」、少し攻めてみた。 少し前のエントリで、神田の「丸石ビルディング」を少し攻めてみるかな、と書いた。 これはその気持ちの続き。 内部の公開は学術的な側面を含め、やってくれそうもないので、少し考えた。 他の方の記事にもあ…

東洋製罐横浜工場解体。そして、〈なりこま屋〉のハンバーグ定食

menehuneが知らなかっただけで、2015年秋には生産停止の報道がなされていた。 リストラの一環らしい。 数週間前、バスで前を通ると、建物の一部が取り壊されていたので気づいた。 近づいてみる。歩道沿いに養生用のパイプが組まれていたので、もうすぐ目隠し…

横浜鶴見のひとり軍艦島・田村工業

以前から気にはなっていた。工場に隣接された社宅だと思う。 このコンクリ感が、なんとも言えない端島感を醸しだしている。 設立は1956年、(昭和31年)だそうで、さほど古くはないのだが、当時建てられたものなら、それでも60年は経ってることになる。

武庫川女子大学・甲子園会館(旧甲子園ホテル)を見学。SONY α900で撮影。2009年7月6日

〈ヨドコウ迎賓館〉を見学した翌日が〈甲子園会館〉の公開日だったので、あらかじめ申請を済ませておいた。あいにくの曇り空。 JR神戸線の甲子園口駅から概ね徒歩15分で到着です。 www.mukogawa-u.ac.jp 左右対称の外観は旧帝国ホテル同様「ライト式建築」と…

再び北九州へ。歴史的建造物を巡る旅(3・了)河内貯水池・八幡駅周辺 2008年11月30日

今回の北九州の旅も最終日。夕刻の北九州空港発の便に間に合うように小倉を出発。 目的地は八幡駅。そこからバスで河内貯水池へ。寂しいところだ。人っ子一人いない。 画面中央の円筒形(裏に回ると蒲鉾型だとわかる)の構造物が河内貯水池ダムの取水塔。192…

再び北九州へ。歴史的建造物を巡る旅(2)産業観光バスツアー〈門司麦酒煉瓦館〉と〈関門製糖〉 2008年11月28日

北九州の歴史的建造物を巡る旅。2回目は「産業観光バスツアー」に参加した模様です。今回は、〈門司麦酒煉瓦館〉と〈関門製糖〉に伺いました。午後1時半、門司港ホテルを出発。チャーターしたマイクロバスに参加者は10名ほどです。 ガイドの方に、大里エリア…

再び北九州へ。歴史的建造物を巡る旅(1)門司港駅、旧秋田商会ビル 2008年11月28日

もう何度目かの北九州。今回は北九州空港ではなく、福岡空港から地下鉄、鹿児島本線を乗り継ぎ、門司港駅へ。ホーム先端から門司港駅舎を。って遠くてわかんないや。今回、撮影機材はSONYのα900と、MINOLTA AF17-35 F3.5 およびAF24-105 、そしてAF35-105 で…

広島の純喫茶〈PEARL〉(パール)へ行って撮影してきました。2008年7月13日

広島平和記念公園の帰り、広島駅前の喫茶店に立ち寄る予定を立てていました。「袋町」停車場から市電に乗り込みます。 純喫茶パール広島県広島市南区松原町5-4広島駅前の松原町の再開発地区に〈純喫茶パール〉はあります。1957年(昭和32)から町の変遷を見…

ダイビルをα700で撮影。2008年7月12日

1925年竣工のダイビルは、渡辺 節をはじめ、村野藤吾や内藤多仲など、昭和建築史を代表する建築家が数多く携わりました。 大阪出張の折、2009年に取り壊し予定のダイビルを訪れました。 こちらも現代ではありえない彫刻があしらわれたエントランスです。撮影…

大丸心斎橋店をα700で撮影。 2008年7月12日

憧れだった心斎橋の大丸へ。現代ではありえないアールデコ調の外観。1933年(昭和8)竣工の大丸心斎橋店本館(大阪市中央区)です。 撮影は、SONY α700 とMINOLTA AF17-35G F3.5 の組み合わせです。 全体外観。この威容にには驚くばかりだが、そこかしこに設…

北九州へ。歴史的近代建築を巡る旅(5・了)下関・秋田商会、大里エリア。 2008年2月14日

若松を後にして、一旦門司港駅へ引き返す。 この後連絡船で対岸の下関まで。お目当てはもちろん秋田商会だ。 関門汽船を下関側で降りると、すぐに目に入るのが〈関門ビル〉です。〈関門ビル〉は、1931年(昭和6)に関門汽船株式会社が建設したビルで、事務所…

北九州へ。歴史的近代建築を巡る旅(4)戸畑・若松エリア。 2008年2月14日

北九州2日目。門司港駅から鹿児島本線で戸畑駅へ。海側の駅前にはかつて明治製菓戸畑工場が存在しましたが、今は更地となってしまいました。 戸畑駅前から若戸大橋を望む。この道をまっすぐ。若戸渡船方面へ歩みを進めます。 若戸大橋のたもとの渡し舟乗り…

北九州へ。歴史的近代建築を巡る旅(3)山口銀行門司支店、岩田屋、三井倉庫、旧門司税関1号上屋ほか。 2008年2月13日

この日は朝からの雪で、北九州都市高速と関門大橋が通行止めとなったらしく、関門トンネルへ続く3号線は大渋滞。 山口銀行門司支店は旧横浜正金銀行門司支店として1934年(昭和9)竣工。 その重厚感には圧倒されます。 横浜正金銀行は外国為替の取り扱いを専…

北九州へ。歴史的近代建築を巡る旅(2)旧大阪商船、門司郵船ビル、旧JR九州第一庁舎。 2008年2月13日

1884年(明治17)に設立された海運会社・大阪商船の、門司支店として使われていたのがこの建物です。 1917年(大正6)に竣工した社屋は建物の角にある八角形の塔が特徴です。門司港レトロを代表する旧大阪商船の建物。2月のこの時期は「ふぐと灯りとひなま…

北九州へ。歴史的近代建築を巡る旅(1)門司港駅 2008年2月13日

1年ぶりの北九州です。歴史的近代建築を巡る旅。 北九州空港への飛行機はナローなMD-90。揺れがリアルに感じられてスリルです。。。 富士山の真上を飛ぶのですが、とてもいい気分です。この路線を飛ぶときは左窓側の座席のリザーブをお勧めします。 北九州空…

〈三井倉庫〉千若事務所をSONY α700で撮影。

瑞穂埠頭に至る道途中に味のある三井倉庫群があります。この倉庫はアール部の三井マークがとてもシンボリック。その上部の閉ざされた窓枠状の箇所が気になります。昔は開口部(ガラス)があったようにも見えます。 瑞穂埠頭に向かう道すがらに忘れ去られたよ…

山下町ストロングビル、解体に伴う見学会に参加。撮ってきた。2007年9月

2007年9月、山下町にあったストロングビルが解体されるということで、横浜市主催の見学会が開かれました。 建築年・1938年(昭和13)設計・矢部又吉 3階建ての小ぶりなビルですが、ヨコハマに残る貴重な近代建築でした。 1階のテナントプレートと郵便受け。 …

ヒロシマ2

原爆死没者慰霊碑。2007年7月。

ヒロシマ1

原爆ドーム。2007年7月。


スポンサードリンク