menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

2008年11月30日、北九州(18)河内貯水池・八幡駅周辺


スポンサードリンク



今回の北九州の旅も最終日。夕刻の北九州空港発の便に間に合うように小倉を出発。
目的地は八幡駅
そこからバスで河内貯水池へ。
寂しいところだ。人っ子一人いない。
画面中央の円筒形(裏に回ると蒲鉾型だとわかる)の構造物が河内貯水池ダムの取水塔。
1927年(昭和2年)竣工。
minolta AF17-35 F3.5G
F4
1/640
露出補正1.0EV
ISO400

_DSC0844.jpg

山側斜面には奇妙な造形の管理事務所がある。
1927年(昭和2年)竣工。
minolta AF17-35 F3.5G
F7.1
1/80

_DSC0853.jpg

石張りのなだらかなカーブを描く堰堤。
紅葉とのコントラストが美しい。
minolta AF17-35 F3.5G
F5.6
1/80
露出補正1.0EV

_DSC0857.jpg

河内貯水池のもうひとつの遺産、南河内橋。
日本に現存する唯一のレンティキュラー・トラス構造。
こんな物寂しい山奥に場違いと思えるほどの威風を保っている。
minolta AF17-35 F3.5G
F7.1
1/200
露出補正0.3EV

_DSC0866.jpg

1926(大正15年)竣工。
当時の官営八幡製鉄所の力の入れようが良くわかる貴重な近代化遺産。
国の重要文化財にも指定されている。
貯水池のダムから南河内橋までは結構な距離がある。
足腰に自信がない人(私も含む)は道半ばにあるレンタサイクルで自転車を借りよう。
また、八幡駅まで帰りのバスも時間帯によっては全く便がないので注意。
私も帰途は偶然通りかかったTAXIを使いました。
minolta AF17-35 F3.5G
F8
1/125
露出補正0.7EV

_DSC0871.jpg

八幡駅まで戻り、新日本製鐵桃園社宅へ。
1951年(昭和26年)ごろから順次建設されたというこの団地群も、訪問時は桃園1丁目の団地群は
大方解体され、建売住宅が広がっていた。
写真は2丁目寄りに僅かに残る解体を待つ建物。
奇跡に近いぐらい空が青く映っている1枚。
旅の最後に良く晴れた。
minolta AF17-35 F3.5G
F8
1/1250

_DSC0875.jpg

祇園3丁目あたりで見かけた醤油醸造所。稼動しているのかわからない。
太陽が映り込む逆光条件。いいバランスで撮れていると思う。
空が青いなあ。広いなあ。
ちなみに八幡駅前の平和ビル4棟はとうの昔に解体。今は高層ビルに取って代わっています。
桃園社宅同様、昭和のノスタルジーに浸ることはここでは難しいのかもしれません。

minolta AF17-35 F3.5G
F8
1/1000
DROアドバンスLv3

_DSC0876.jpg

北九州の旅の締めくくり。
八幡駅前のチャンポン屋「八幡のチャンポン」。
とき玉子がいいアクセント。鶏の唐揚がトッピングされているのだが、唐揚ではなくフライ。
たぶんパン粉をつけて揚げている。
たぶんこんなの初めて。
旨いです。
いちおう撮影データ
minolta AF17-35 F3.5G
F3.5
1/40
ISO400

以上2泊3日の北九州旅。また来れるといいですな。


スポンサードリンク