menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

Adobe Illustrator のレッスン本でトレーニング。デザインポートフォリオ・29 レストランのメニュー


スポンサードリンク

管理人menehuneが契約しているAdobe CC の操作手順のリハビリを兼ね、デザインレッスンの本で、Adobe Illustrator のトレーニングをしていくシリーズです。テキストは、ソシムという出版社の『デザインのドリル』。インストラクターは、パワーデザインというスタジオです。学習の成果を公開してもOKということなので、披露させていただきます。
レッスン5「構成」の第3回、演習29のお題は、レストランのメニュー。「グルーピング」を学ぶ回です。目標時間は90分。このテキストの講義も残り2回。今回はイラストレーターの手数を要求される演習で、かなりの時間を擁しました。180分ほどでラフまでトレースできました。因みのこの回はテキストの誤植が多いです。

 

f:id:sepyas:20210530141858j:plain

画像と文字情報が同じグループであることを吹き出しで表現した例です。情報の境界線はあえて囲みケイの使用を避けています。

 

f:id:sepyas:20210530144442j:plain

同じグループは距離を近づけそうでないものは距離を置く。境界が明確に伝わるスペースがあるなら、あえてケイ線は必要ありません。
このレイアウトの右上にある〈スターツール〉と円、そして長方形の組み合わせは案外難しく苦労しましたね。

 

f:id:sepyas:20210530143515j:plain

離れた場所に置いた要素を同じグループと認識させるために記号やイラストを使って紐づけする例です。

今回の演習は作業量が多く時間もかかりました。Illustrator の様々な小技を要求され、ときに手を止めネットでノウハウを確認するといった段を踏む必要がありましたね。ただ、それらの作業も忘れていたものを復習するいい機会となりました。

次回の演習30がこのテキストの最終講義となります。

 

トレース&模写で学ぶ デザインのドリル

Adobe Creative Cloud コンプリート|36か月版|Windows/Mac対応|オンラインコード版(Amazon.co.jp限定)

 


スポンサードリンク