menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

The Other Guys アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!


スポンサードリンク

The Other Guys アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!

8月20日、鑑賞。
130席ほどのシアターで観客は3割ほどの入り。

おかしいなあ。
私が声を上げつつ笑いを堪えているのに、まったくと言っていいほど笑い声が漏れてこない。

ぶつ切りのカット編集がお世辞にも上手いとは思えないけど、ギャグシーンはもっと楽しめるのになあ。何でだろう。

リーサル・ウェポン」など、往年の刑事ものバディ・ムービーへのオマージュは特に音楽面で秀逸。
Little River Band のフィーチャーはネタなんだろうけどちょっと理解できない。
音楽的にはフィル・コリンズやジェイムス・イングラムマイケル・マクドナルドなどの懐メロもあり、のめり込める。

NYPDでヒーロー的活躍をみせる「壊し屋」二人組み(キャストクレジットに注目)が、あっと驚く非業の死を遂げるあたりは爆笑物なのだが、観客誰も笑わず。
君ら、何で観に来てるの?

そこからの「アザー・ガイズ」の、前半地味、後半スーパーアクションの展開と、下ネタ連発の脚本&演技を楽しまなくてどうするのよ。

可哀相なお婆さんのシーンはホンマ笑った。

主人公たちが操るパトカーが「プリウス」なのに対し、悪人たちが駆るのがGMのへヴィーなSUVなのも何か象徴的。
カーチェイスの見事さも本作の魅力。あのプリウス(ひとモデル前のやつ)があれだけ派手にかましてくれると、その爽快感は只者ではない。

事件の真相が401Kの運用先への批判であったり、ただのコメディで終わらないあたりもニクイ。

観られる劇場は限られるがオススメ。
 


スポンサードリンク