menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

洗濯洗剤を「シャボン玉石けん」に変えた。


スポンサードリンク

この三連休は、自宅の大掃除。そして、洗剤を変えての、一大洗濯大作戦。
界面活性剤を使った従来のそれを石鹸に変えた。具体的にはシャボン玉石けん のラインナップに。

今までは、アタック Neo 抗菌EXパワー(花王)とレノアプラス さわやかフレッシュグリーンの香り(P&G)を使っていたが、梅雨の盛りの頃から、洗濯物から異臭が漂うようになったのだ。
部屋干しはしていないのになぜ。

そこで洗濯槽を掃除して、洗剤を変えた。
シャボン玉石けんの「洗たく槽クリーナー」で洗濯槽を清掃。でも黒カビは浮かんでこない。原因はここではないのか。
そこで洗剤も変えた。


「シャボン玉スノール液体タイプ(ボトル) 1200mL」と「酸素系漂白剤 750g」の組み合わせ。
念には念を入れ、一回目には45度のお湯を使った。
改善された。でも、少し石けん臭さが残る印象だが、ケミカル的な異臭よりは大幅な改善。
そこで、すすぎのときに「クエン酸」を大さじ一杯ほど投入してみた。



いい感じである。とても改善された。
クエン酸を使う前までは完全に乾いた洗濯物から石けん臭がしたのだが、仕上げにクエン酸を使ったそれは、まろやかな柔らかい香りが漂うようになった。

もうこれからはこれかしら。柔軟剤も合成洗剤も使わないことにします。
もっとも、他のレビュアーの方も指摘の通り、コストパフォーマンス(コスパって、流行ってるのね)は良くないけど。

【追記】
2020年1月の現在、洗濯洗剤はライオンの液体洗剤に戻っています。そのあたりの経緯は追って書こうかと思います。住環境が変わったことが大きいです。


スポンサードリンク