menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

アニメ「氷菓」13話「夕べには骸に」雑感。そして、新OPのロケ地判明。


スポンサードリンク

アニメ「氷菓」13話「夕べには骸に」雑感。そして、新OPのロケ地判明。

※ネタバレあります。忍者の調子悪くて、いままで書いた記事全部飛んだ。。。ウキー!!
なので、端折って書きます。



新OPは奉太郎が古典部に入ったせいで交わる他者を描いていますね。
そして、様々悩んだ挙句、古典部(える)に戻ってくるという。

そして、新OPで高山市の新規ロケ地が判明しました。まずは、

HK-120717-001.jpg
小雪の舞うさまが、いかにも原作の空気を感じます。こいつは、

8b5027a5.jpeg
宮川にかかる人道橋「不動橋」です。以前のエントリでも書きましたが、奉太郎と里志のシリアスな会話が原作では展開します。

8fd3e3dc.jpeg
桜山八幡宮側からのショットです。対岸のとんがり屋根と右隣の宗教施設が判読できます。

もう一つは、

HK-120717-002.jpg
「あきましておめでとう」の舞台となる「荒楠神社」です。ここのロケ地は、、、

181bfbf6.jpeg
日枝神社です。2月時点の以前のエントリでは確信は持てませんでしたが、

ad8d6de3.jpeg
1ST OPが公開されたGWに見てきたときは確信を持っていました。

そのほか、気が付いた点は、

HK-120717-003.jpg
原作既読の方はお分かりの通り、桜と傘。そう、 遠まわりする雛」のオンエアがこうして約束されました。

「雛」
つながりで言うなら、

HK-120717-006.jpg
奉太郎が物思いに耽るこの河原の小川は、

_DSC6386.jpg
「雛」の舞台が「飛騨一之宮神社」と判明した現在、同神社の前を流れるこの小川なのかもしれません。これはまだ妄想の域を出ませんが。


HK-120717-004.jpg
この視点とか、

HK-120717-005.jpg
この発想は恐らく、ジェイムズ・キャメロン監督「アビス :The Abyss 」からのものですね。
私は大好きな映画です。どうせなら3時間弱あるディレクターズ・カットがオススメ。
書いてたら観たくなってきた。DVDは書棚にある。。。

13話雑感ですが、OPが追加されたのに、尺が余り気味な印象。
北之原はんは実力なのか、こういう巡りあわせなのか、「けいおん!」演出のときも本作の他の回も感じたけど、若干貧乏くじひかされてる感じ。
正直、アニメオリジナルの「写真」の件はなくても。。。それを入れざるを得ない、というのが貧乏くじに繋がる。

いちいち可愛いモブたち、今話ではOPを含め、十文字はんにやられた。

OPの沢木口を含む3人が天文部のメンツなら、あの女子は山中、ということでしょうか。
「奉太郎が絡む他者」で纏めているなら、多分そうなのかも。

 

 

©米澤穂信角川書店/神山高校古典部OB会


スポンサードリンク