menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

ベッセルホテル カンパーナ京都五条に泊まる。


スポンサードリンク

2015年9月オープン。京都駅より地下鉄1駅。五条駅から徒歩1分!という便利な場所にあります。

12月30日から一泊朝食付きで14,200円とお手ごろ。


五条通と交わる路地に面したスーペリアルームは、宿泊前日になってリセールに出された物件。
しかも喫煙ルームなのでラッキーだった。


ベッド幅は120センチと個人的には許容範囲。自宅のベッドが140センチ幅なので、どうしても拘るポイントになってしまう。なので、いまどき100センチ幅のベッドを提供しているホテルは初手から選択肢に入らない。
クッション固めのベッドは寝心地もよく好印象。枕の硬さも複数から選べる。


入口から右側にはクローゼット、洗面台、バッグ置き場、ライティングデスクが並ぶ。
やはり新しいホテルは良いですね。


ホテル側からの提案で室内履きのスリッパ(ウォッシャブル・タイプ)と主に大浴場へ向かう際に使用するサンダルが用意されている。


ライティングデスクはPC(持込)奥に設置されているメモパッドとティッシュBOXをどかせば、


十分な広さが確保できる。有線、無線LANともにOK。


いまどき喫煙者に気を遣ってくれるホテルは珍しいと思うが、蓋つきの灰皿である。しかもタバコが転がらないように置物が施された設計は少し唸らせるものがある。もちろん空気清浄機完備です。


難点はライティングチェアのほう。クロス張りで経年劣化が心配なのだけど、1枚目の画像にあるテーブルと組み合わされた椅子と同じものを使っていて、その座面がデスクに対して低いのだ。
もちろん座面の高さは調整できないので、必要に応じてクッションを仕込むなどの工夫が必要かもしれない。
それとこのデスクの照明はちょうど画像のラップトップのあるあたりの直上(天井)からLEDが灯す仕組みなのだけど、PCのキーボードに反射して見づらいという感想を持った。ここは角度調節が出来るスタンドでもいいのかも。


最近のホテルでよく見かける、脱ユニットバスの流れのなかで、洗面台が独立している。
ただ、個人的にはトイレを独立させ、洗面とバスタブが一緒、という方が好きではある。
いままで画像で紹介したとおり、コンセントが4つあること自体を評価したい。


ビジネスホテルほど狭くはないが、バスタブ自体はさほど広くはない。
もっとも、このホテルが売りにしているのは大浴場なので、私も客室の浴槽は使用しなかった。
その大浴場なのだけれど、温泉ではなく、湯の温度も体感的に40度を下回る感覚。若干湯に浸かる楽しみみたいな要素がないのが残念。何か工夫したほうが良いかもしれない。

話を元に戻すと、このユニットバス、本来はトイレの便座とバスタブの間に洗面台が仕込まれてるのがこのホテルのデフォルトのようです。よって、ご覧のように、不自然な「空間」が両者の間に生まれている。


拙い盛り付けすまない。明けて12月31日。朝食は和食、洋食と好きに選べるブッフェスタイル。
そもそも案内係が「お好きにどうぞ」と言ってくれるあたりが、私が常々挙げている「バイキング問題」の一つの解決策として提示されている点はすばらしいと思う。
味のほうは、、、お米は美味しいと感じたが、全体的に平均点かな。
ジュース類の提供が「ミニッツメイド」の什器式だったのは残念。


ホテルの周りは同じ高さのビルが多く建っているので、眺望は期待しないほうが良い。
見てのとおり、中央に配置された部屋からは向かいの部屋を望むことになる。
それと、フロントスタッフはこれも新しいホテルらしく、練度が足りない。
年末で家族連れで混雑していたが、アジア人観光客の割合は少ない印象を受けた。
夕食を供するレストランは無いので、周辺の物件を選択することになる。場所柄、選択肢はさほど多くはないが、すぐ隣がセブン・イレブンなので、これで折り合いをつけられる方は無問題。
チェーン系の飲食店や、個人経営の飲食店も無いわけじゃない。
筆者が飛び込みでお世話になったホテルから徒歩3分程度の「てんご」はこじんまりとした居酒屋で良いですよ。


出町柳の岡田商会では焼き豚を購入し、お節の足しにした。美味なり。


午前9時過ぎ、錦市場では三木鶏卵のだし巻きも購入。これも美味かった。次回は田中鶏卵も試してみたい。
行列の長さでは圧倒的に田中鶏卵だったけど、どうなんでしょうね。


2015年12月31日の金閣寺。ここは午前中だと順光で撮影できる。
撮りたかったのは池に映りこむ実像。

2016年もよろしくお願い申し上げます。


スポンサードリンク