menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

2013年夏アニメ雑感、その1。


スポンサードリンク

2013年夏アニメ雑感、その1。

きんいろモザイク

作画、背景、綺麗で可愛らしい。継続視聴決定。
Aチャンネル同様、スタジオ五組はんはいいお仕事をされてる。
芳文社はん系の崩したキャラの表情込みで、まったり視聴できる気がする。原作は未読。
カルチャー・ギャップ描画もあるんだろうから、楽しみですね。
何気に登場が多い烏丸先生役の佐藤聡美はんに注目しております。

たまゆら~もあぐれっしぶ~

1期のOP/EDが秀逸すぎたせいもあるのだろう。2期のそれは少し物足りない。
ユーミン大貫妙子大江千里尾崎亜美と。それ自体の比較をするつもりはないが、心象としてはそうだ。
しかし、脚本陣に吉田玲子はん、新キャラとして「かなえ」役の茅野愛衣はん、下上山先生等、大いに楽しみな追加要素もあり、部活設立を通じた成長の物語を見せてくれそうなので。無論、継続視聴。

■Free!

超面白い! 2話ですでに化けたな。女子、男子ともヲタを引き付ける準備は万端ってところです。
サブキャラで佐藤聡美はんが登場したのはちょっとびっくり。
オリジナルでありながらこの熱さ、そして脱力感を交えた面白さ、「たまこまーけっと」の反省を、監督、内海紘子はんを始め、スタッフはんは理解した上で製作を進めている印象を持ちました。

有頂天家族

これって、一見、完全にP.A.WORKSはんから京アニはんへの宣戦布告に見えなくも無いですね。
むしろ、少し齧った方なら大方はそう思うのではないでしょうか。
提供=製作委員会にわざわざ「京都四條南座」(=松竹)を持ってくるあたり、表には出てこない、製作委員会に名を連ねない大手広告会社の力の誇示を感じます。


©森見登美彦幻冬舎/「有頂天家族」製作委員会

だからか、取材協力先の数の多いこと。もうここまで来ると、完全に焼き畑農業ですね。
政治力にモノを言わせて、蹂躙する。PAはんて、そういう会社なんですかね。
アニメにおける聖地巡礼のターゲットを実名で出すか、あくまでぼかすか。「けいおん!」までは後者でも良かったのでしょうが、時代という名の下、それを許さない方向に持っていこうとしている「作意」を感じますね。イコール、それは金になると。
試写やったからって、今作の視聴者が「南座」とそこで本来公演されるコンテンツのFANになるわけでもあるまいし。

以前のエントリで紹介した「珈琲店タレーランの事件簿」内でとあるカフェのモデルとなった「Bon Bon cafe」 や出町商店街、その他、京都の名店といわれるお店、寺社、そしてエイデンまでもが名を連ねている。
彼らが京アニはんから京都巡礼のお株を奪う目論見なのは容易に想像できる。
やったもん勝ち、とは言わないが、京アニはんの内部に相当の波風が立っていることを思いつつ、同社の反撃に思いを馳せたいと。

それと気になったのは、ビデオ撮影した動画にフィルターかけてアニメっぽくしてるOPのそれ。プライドあるの? とか正味感じました。それって、アニメじゃないんじゃね。悪の華」とは異なる(比較にもならないが)アプローチだけど、これは流石に引きましたけどね。
絵柄もお話自体も面白いですよ。継続視聴ですが、京アニはんのFANである私的には複雑な印象を残す始まりではあります。

ロウきゅーぶ!SS

意外にしっかりした作画に加え、ブヒれる要素の手抜かりもなし。
系統は違うにしても、「きんいろモザイク」の挑戦を受けてたつチャンピオン的立場ですかね。

ステラ女学院高等科C3部[しーきゅーぶ]

声優陣は豪華なんですけど、盛り上がりに欠ける。
3話で駄目なら切るかも。

以上、2013年夏アニメ、ファースト・インプレでした。

スポンサードリンク