menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

昔のネガ・ポジを、エプソンのスキャナ〈GT-X980〉でデジタル保存しました。


スポンサードリンク

昔撮影したネガ・ポジを、エプソンのスキャナ〈GT-X980〉でデジタル保存しました。コロナ禍の断捨離も兼ねて。作業していて気付いた点を書いておきます。

エプソンのスキャナ〈GT-X980〉現在もこれからも、menehuneはフイルムカメラで撮影するつもりはありませんし、過去に撮影したフイルムのデジタル化、このためだけにスキャナを購入するのはもったいないと思ったので、レンタルすることにしました。

以下、デジタル化された昔の画像をご覧いただきながら、書いていきますね。

日産TRAD SUNNYエプソンの〈GT-X980〉は新品でも、中古でも程度のいいものは値が張りますが、レンタルショップなら3泊4日で8,000円弱だ。もうフイルムで撮ることもないのだから、これでいいのです。これは1990年頃、初めて新車で購入した〈B12 日産TRAD SUNNY〉です。

1996年のマウイ島大体、エプソンには失礼だが、このスキャナ、平凡な住宅事情のライティングデスクに設置するにはちと厳しい。今回の作業も、普段デスクに載せているもろもろを退避させてのものだ。これを常設しておくにはやはり厳しいと判断するに至ると、レンタルで正解だったと思わずにはいられない。これは、1996年に訪ねたハワイ諸島マウイ島のホテルからの眺めです。ホコリが多いのが判りますね。

バー〈スターダスト〉セットアップで躓いた点を書いておきます。PCとのUSB接続は、富士通PCの〈電源オフUSB充電機能〉付きUSB端子につなぐと、エラーが出てスキャンできません。接続するPCのUSB端子は、給電機能が付加されていないタイプに差しましょう。これは1990年前後のころ。瑞穂埠頭のバー〈スターダスト〉。モノクロ撮影。

横浜根岸ハイツ今回時間との兼ね合いもあり、ほぼすべての画像を4800dpiで取り込むことにしました。6400dpiではかなり時間がかかるので。そして、何より面食らったのはホコリ対策です。作業を行った4日間は、横浜では幸い雨は免れたものの、台風並みの大風が南東方面から始終吹き荒れ、とてもじゃないが窓を開けた作業は困難を極めました。ほこりが舞うからです。4800dpi、ピクセル寸法でいうと6000×4000ピクセル単位で35㎜フイルム/ポジをスキャンしているので、ズボラに作業を行うと、上の画像のように小さなホコリでも盛大に写り込みます。

大型ブロアーと刷毛付きのブロアを用意し、小まめにホコリを飛ばしてやる必要がありました。レンタル期間の最終日は効率を優先するため窓を閉めエアコンに頼ることにしました。これによりホコリの飛散はかなり抑えられました。どの季節でも同じですが、部屋のエアフローは抑えた上で作業を行うべきでしょう。再使用する際に〈Photoshop〉などでレタッチする割り切りも必要だし、menehuneは色補正、ホコリ消しなど、レタッチテクを磨く素材にしようかなと考えています。画像は1990年前後のころ。横浜・根岸の米軍住宅です。

昔の横浜これはどこでしょう? 1980年初頭、横浜駅西口、平沼橋のアンダーガードだと記憶しています。
今回の作業で、自身の老いをつい認識してしまったエピソードを。スキャンしようとしていた、2003年にハワイ諸島・カウアイ島を訪ねた際のネガがどこを探しても見つからない。何度、アルバムとフイルム袋を探し回ったことか。しかし、ネガは見つかりません。事の真相は?
なんのことはない。当時はすでにデジカメで撮影していたので、ネガがあるわけありません。その時の機材は、ミノルタDiMAGE 7Hi〉だったかと。プリントしたものはすべて残っていたので、壮大な勘違いをしていました。そして、生涯何度か経験したPCのクラッシュによって、当時の画像データが霧散したことも思い出したのでした。

デジタルデータ化したとしても、このようになってしまっては作業の意味がありません。断捨離と書きましたが、フイルムはすべて廃棄するつもりなので、やり直しもききません。クラウドやBDなど光学ディスクへのコピーを行うなど、バックアップは万全にやっておきたいですね。


新港ふ頭赤レンガ倉庫エプソンのスキャナ〈GT-X980〉を使っていて気付いたのは、この機種だけではないそうだが、プレビュー画面で、35㎜フイルムすべての面が表示されないことがある点。共通しているのはハイコントラストの画像か、夜景ですね。エプソンのFAQに対策がありました。プレビュー画面のタブで、「サムネイル」タブから「通常表示」タブに切り替えると、スキャンしたネガそのものが表示されるので、スキャンしたい範囲をドラッグしてください。複数範囲指定をした後、「全選択」でまとめてスキャンできます。これは新港ふ頭の再開発が行われる少し前の赤レンガ倉庫です。

こうして、3泊4日のレンタル期間は終了。1,000枚弱のデジタル化を終えることができました。往復の送料込みで、8,000円弱なのですから、資産整理、断捨離を考えている方にはおすすめできる作業だと思います。このブログに載せていた昔の写真もネガ/ポジの再スキャンで、より高画質で保存することができましたので、追ってご紹介していきます。最後に今回利用したレンタルサービスを以下に貼っておきます。アフィじゃないよ。

www.rentio.jp


スポンサードリンク