menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

Adobe Illustrator のレッスン本でトレーニング。デザインポートフォリオ・11 眼鏡店のショップカード


スポンサードリンク

デザインレッスンの本で、Adobe Illustrator のトレーニングしてみることを思い立ったこのエントリ。
テキストは、ソシムという出版社の『デザインのドリル』。インストラクターは、パワーデザインというスタジオです。学習の成果を公開してもOKということなので、披露させていただきます。
レッスン2「色」の第5回にして最終回。、演習11のお題は、眼鏡店のショップカード。名詞ですね。

f:id:sepyas:20210414091940j:plain

これが与えられた課題のAIファイルです。これに3色+白の色を使って、「10~20代の女性」「30代男性」に訴求する配色をせよ、という課題です。季節と違って、年代別という概念は難しいですね。F1層とかM2層とか、いまではあまり通用しなくなったともいわれるマーケティング概念です。しかしこれに関しても、WEB上に色見本を扱うサイトも多くあるので、そのあたりを参考にしながら塗り絵をしていきます。

f:id:sepyas:20210414094429j:plain

まずは色を決めていきます。「10~20代の女性」向けの色は、まずはパステルカラーで行ってみます。WEBの色味本サイトを参考にイラレで色見本を登録します。

f:id:sepyas:20210414094420j:plain

こんな感じでまとめてみました。厳密にはピンク系の色は透明度をいじっているので4色になっていますが。

f:id:sepyas:20210414100830j:plain
パステルカラーではなく、洋色系の色味で整えてみました。こっちは厳密にホワイト+3色の指定を守っていますが、10-20代の女性向けかと言われると、若干? な部分もあるでしょうか。

f:id:sepyas:20210414102103j:plain
続いて、「30代男性」向けの配色です。これはちょっと冴えない感じですね。

f:id:sepyas:20210414101724j:plain

こちらは和色系の配色です。世代に合うカラーか? 文字情報は読みやすいか? がチェックポイントです。
こんな具合に塗り絵感覚でリトライできる演習ですが、仕事としてやっていくとなると、やはり大変な作業でしょうね。

次回からはレッスン3「文字」の演習です。

 

 


スポンサードリンク