menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

SONY α7IIIとオールドレンズ〈MINOLTA MC ROKKOR-PG 58mm F1.2〉で撮る(4)


スポンサードリンク

久しぶりにミノルタのオールドレンズ〈MC ROKKOR-PG 58mm F1.2〉の試写を兼ねてお散歩。横浜の臨港エリアは「横浜ローズウィーク」というイベントが開催中で、市内の観光地で横浜の市花バラを中心とした花々が植栽され、カメラ片手の行楽客で賑わっています。
紹介する画像はすべて SONY α7III(ILCE-7M3)とミノルタのオールドレンズ〈MINOLTA MC ROKKOR-PG 58mm F1.2〉の組み合わせです。そして、今回の試写も、TECHARTの〈LM-EA7〉を使い、AF化した〈MINOLTA MC ROKKOR-PG 58mm F1.2〉のものです。

 

f:id:sepyas:20210515150827j:plain早いところではもうアジサイが見ごろを迎えています。F1.2の開放で。

f:id:sepyas:20210515150833j:plain散策の前に腹ごしらえ。横浜中華街の〈鳳林(ほうりん)〉はもはや数少なくなった中華街のまっとうな料理店。安価でハズレのない料理がいただけます。チャーハン旨し。

 

f:id:sepyas:20210515150911j:plain当然58mm という焦点距離ですから、広角的な撮影はできません。こうやって「切り取る」感覚で撮影することになります。しかし中華街も絵になる被写体が少なくなったなと。

f:id:sepyas:20210515150839j:plainホテルニューグランド。赤いシェードはあまり趣味がいいとは思えない。

f:id:sepyas:20210515150905j:plain披露宴が催されており、2階ロビーへは上がれなかったため、階段下から。


f:id:sepyas:20210515150846j:plainさあ、山下公園のバラのデコレーションを撮ってみます。

f:id:sepyas:20210515150900j:plain
ただ花を撮ればいいというわけではなく、何かしらの借景を入れヨコハマらしさを演出する、なんて考えているとそう枚数は撮れないもので。

f:id:sepyas:20210515150854j:plain
あまりパッとする画は撮れませんでした。

f:id:sepyas:20210515150942j:plain日本大通りのレストランをバックに〈MC ROKKOR-PG 58mm F1.2〉のF2で。光源ボケがきれいです。

f:id:sepyas:20210515150936j:plainマーキーの文字に焦点を合わせ、ほぼ開放で撮影。これもボケが面白いですね。

f:id:sepyas:20210515150929j:plain〈梅香亭〉が店を閉めてもうどのくらい経っただろう。改装されることもなく閉店時の状態のまま時を刻んでいる。シャッターもないのにガラスが無傷なのはいろんな意味で感心します。

f:id:sepyas:20210515150923j:plain
600円の横浜市バス1日乗車券をスイカにチャージすると、何処でも行けて移動が楽です(大袈裟)。ぶらっと下車したJR保土ヶ谷駅東口の枯れた商店街の軒先で見つけた〈モツ専門店・磯部商店〉。調理は難しそうだけれど、「牛煮込みモツ」も惣菜として扱っているようなので、今度買ってみよう。

f:id:sepyas:20210515150948j:plain市バス1日乗車券で今度は〈横浜ハンマーヘッド〉へやってきました。

f:id:sepyas:20210515150954j:plain

こういう画も、結構被写体から離れないと全体を収めることはできません。新港ふ頭で港湾荷役が行われていた頃の名残のクレーンです。頭部の形状から「ハンマーヘッド」と呼ばれています。

 

f:id:sepyas:20210515151000j:plain
〈横浜ハンマーヘッド〉には客船ターミナルが併設され、たまたま「飛鳥II」が出港するところでした。

f:id:sepyas:20210515151007j:plain

f:id:sepyas:20210515151013j:plain
F8くらいまで絞って、全体像を。

f:id:sepyas:20210515151020j:plain
〈MINOLTA MC ROKKOR-PG 58mm F1.2〉に限ったことではないですが、明るい場所で絞りを開放すると、結構盛大に周辺減光が起こるときがあります。

f:id:sepyas:20210515151027j:plain以前のエントリでも書きましたが、重量問題で、TECHARTの〈LM-EA7〉(ファームウェアVer.6.0.0)と〈MINOLTA MC ROKKOR-PG 58mm F1.2〉とはあまり相性がよくありません。しかし、単に偶然なのか、扱いに慣れてきたのか、合焦できるケースが増えてきました。マルチセレクターで合焦可能なエリアを把握したうえで構図を決めればいいという、半ば諦めの手法なのですけれど。
今までの経験で書いておくと、TECHARTの〈LM-EA7〉は、比較的軽量なレンズであればあるほど、ファインダー内ほぼすべてのエリアにマルチセレクターをもっていってもそこで合焦してくれます。このブログで紹介したレンズだと、〈45mm F2〉 とかですね。これが〈58mm F1.2〉+ライカ→SRマウントアダプタ+フィルター+フードで〈LM-EA7〉の推奨搭載量である 500g越えとなると、使えなくはないけれど、作動に制限があるという感じです。慣れてしまえば、撮る楽しさの方が勝ります。

  

 


スポンサードリンク