menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

飛騨高山のハツ干し!


スポンサードリンク

飛騨高山のハツ干し! である。


IMG_0269.jpg
なんだって?
「ハツ干し」(はつほし)である。

以前のエントリで紹介した「ちくさんフェア」高山市ブースで購入した品物の中に「ハツ干し」なるものが あった。
 一袋30グラム・500円(税込)
いわゆる「ビーフ・ジャーキー」だよね、的解釈で購入したあとで、それが牛のハツ(心臓)であることを知った。
酒のつまみとして、はむはむと齧ってみると、大蒜と胡椒のスパイスが効いた柔らかめのジャーキーである。

旨い!

これはリピートしたいと思って、ネットで買えないかどうか調べてみたら、どうやらどこも扱っていない様子。
そこで、製造元の飛騨ミート農業協同組合連合会に訊いてみた。

◆参考:JA飛騨ミート
http://www.hidameat.or.jp/

こちらは、生産と卸売り専門のため、購入はできない。そこで、通販で購入できるお店がないか訊いてみた。
 
今年の2月、「氷菓」先行巡礼の際にお世話になったJR高山駅近くの焼肉店「味蔵天国」で通販購入できると教えてもらった。
※ここの焼肉は旨いデス! おすすめデス!べらぼうほどではないものの、相応の予算は覚悟してくださいね。
 
JAひだ直営のこの「味蔵天国」自体にネットショップはないため、電話によるやり取りになります。
発送&決済は代引のみ。送料は原則740円、代引手数料300円。詳しくは電話口で確認してください。

地元でも話題の品物なので、在庫切れの場合もあるようです。
冒頭でも書いたが、飛騨高山の名産品を扱うネットショップはいくつかあるが、こいつを扱っている店はまだないと思う。

◆参考:「県産牛の『ハツ干し』が人気・・・岐阜」YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/gourmet/news/business/20120829-OYT8T00325.htm
 
もともと、生産量が少ない上に、普通に焼肉としての需要もあるのだから、あまり容易に手に入るものではないと思います。
興味がある方はトライしてみて下さい。


スポンサードリンク