menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

【穴場】川崎〈丸大ホール〉の朝食とランチは、令和のいま、逆にお勧めできる。


スポンサードリンク

川崎丸大ホール外観川崎の大衆食堂・大衆酒場として知られている〈丸大ホール本店〉は、京急川崎駅から徒歩3分ほどの場所にあります。何かと飲兵衛のオアシスみたいな見方をされがちですが、〈丸大ホール〉は食事も十分おススメできます。今回は〈丸大ホール本店〉の食事メニューをご紹介します。

f:id:sepyas:20210327113836j:plain

創業は1936年(昭和11年)で、創業時は京急川崎駅前の「丸大食堂」と、省線(のちの国電・JR)川崎駅前の純喫茶「カフェーマルダイ」のふたつのお店があったようですね。川崎市商工協会編『川崎市商工案内(昭和13年)』の広告です。
本編の業種欄で第22類 料理飲食店のページを見ると、
丸大ホールは堀川町28
カフェは堀川町3
にあったと書かれています。

川崎の丸大ホール
たまに暖簾をくぐるのだけれど、なんで朝の9時前からこんなに呑んでるヒトがいるのってくらい、以前は混んでいました、このお店は。
あさ8:30~営業していますが、コロナ禍による緊急事態宣言下では酒類の提供は11:00~となっています。常連はこのことを知っているので、現在、朝は空いています。

menehune は居酒屋として利用したことはありません。もっぱら朝定食をいただきます。とは言っても「朝定食」というメニューがあるわけじゃありません。所狭しと掲げられた短冊メニューから自分でチョイスして申告するのです。

 

川崎の丸大ホールもつ煮込み定食は550円(もつ煮込み300円+定食セット200円)。納豆200円(高いね)プラス生玉子50円、プラスライス大盛りが100円で都合900円。このライスのボリュームはヤバい、と思ったが、案外ペロッといけた。納豆卵を白飯にぶっかけ掻っ込む。うま味の詰まったモツとともに掻っ込む。定食用の味噌汁は丼物につくそれとは区別されているようで、具の量が段違い。油揚げ、豆腐、ワカメたっぷりの贅沢味噌汁となっています。

 

川崎の丸大ホールのラーメン〈丸大ホール〉の予想を大きく裏切るラーメン400円。かつおだしのパンチの効いた塩味の少ないスープで、飲み干したくなります。チャーシューは歯ごたえのあるタイプで好き。ちゃんと菜っ葉が乗っているのも良し。これで400円だなんて!

丸大ホールのタンメンタンメン500円は、モヤシ、キャベツ、ニンジンのほか、ニラ、シイタケ、キクラゲと豚コマ肉もちゃんと入った具だくさんでコスパよし。スープはもう少しコクが欲しいところだが、炒めた具の豪華さと価格のバランス相殺されますね。


川崎の丸大ホールのかつ丼
カツ丼650円は、カツの厚さは左程ではないけれど、甘すぎないタレとの相性はよし。味噌汁付き。

川崎の丸大ホールのカレーライスカレーライス500円は、ジャガイモ、玉ねぎ、にんじんの具がそれぞれ原形を保って主張するタイプで、memehuneはこっちのタイプが好き。豚コマ肉も適度な噛み応えがあって好き。辛さは甘口ですけれど、コスパは高いですね。味噌汁付き。

丸大ホールの天ぷらそば天ぷらそば850円は、メニューの中でも高い部類に入ります。海老天が2尾乗っかっているのでそうなるのでしょうけれど、このコスパなら蕎麦屋へ行った方がいいですね。

川崎の丸大ホールのあげ焼きそばあげ焼きそば600円は、かたやきそばに具だくさんの餡が乗ったもの。たっぷりのからしと紅ショウガを混ぜ込んでいただくと美味しいです。

川崎の丸大ホールのざるそばざるそば450円は、蕎麦湯が付かないのが最大の難点です。天ぷらそばでも書きましたが、そばが食べたいなら蕎麦屋へ行った方がいいでしょう。

川崎丸大ホールの五目ラーメン

豚肉の灰汁が残っているように見える五目ラーメン700円はスープが絶品! 少しのジャンキー感が漂うコンソメスープ的な変わり種スープでいただくラーメンはやみつきになるかも。何をもって五目というと、、、小松菜、豚コマ、落とし玉子、シイタケ、大量の刻み葱、といったところかしら。ナルト、刻みニンジンなども入ってるけど。
コショーを多めに振りかけると、コンソメスープの香りと旨味がさらに引き立ちます。
密かなおすすめメニュー爆誕かも。

川崎の丸大ホール店内2021年3月、緊急事態宣言は解除されましたが、酒類の提供は引き続き11時からなので、あさ9時から10時ごろは店内は空いています。よって、上に書いてきたようなメニューをゆっくりいただくことができます。今後酒類の提供が8時半からに戻ることもあるでしょうが、いまのところのんびり朝食をいただける穴場的存在と言えるでしょう。
流石にランチ時は常連の飲兵衛のほか、地元の勤め人で満席です。しかも喫煙可のため、朝のようなのんびりした空間ではありませんが、そんな間隙を縫っていただくランチもいいものです。



 丸大ホール本店
〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町14-5
電話:044-222-7024

 

#444 京急川崎「大衆酒場食堂丸大ホール本店」

#444 京急川崎「大衆酒場食堂丸大ホール本店」

  • 発売日: 2018/02/01
  • メディア: Prime Video
 

 


スポンサードリンク