menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

磯子区岡村の〈岡本惣菜店〉のコロッケ&揚げ物は安くてうまい!


スポンサードリンク

岡本惣菜店の外観
JR根岸駅からバス便で15分ほどのバス停「古泉」から徒歩3分ほどで〈岡本惣菜店〉に到着。市電保存館に来たついでなら、そこから徒歩で10分ぐらいです。
周辺は昔は賑わったんだろうな、という商店街の面影をほんのわずか残している住宅街。二差路の中之島、その取っつきに位置しており、その形状を上手く利用した店舗デザインになっています。甘いコロッケが苦手な menehune が今日紹介するのは、ここ〈岡本惣菜店〉。地元で50年以上にわたり愛されるお店です。

f:id:sepyas:20210427212447j:plain三角形の長辺が交わるあたりが販売カウンター。その奥が厨房です。お母さんとご子息でしょうか。帳面に注文のメモを取り、フライパンに向かうお二人のお仕事を拝見していると、温かい気持ちになります。品物はすべて注文を受けてから揚げに入るスタイルです。

岡本惣菜店のとりのからあげ
小ぶりだが身が締まった鶏の唐揚げは8個で250円。

岡本惣菜店のコロッケとメンチカツ・ポテトフライコロッケは1枚80円。メンチカツは1枚90円。2センチ角ほどのポテトフライは10個で110円だ。家族用に50個とか買って帰るお客さんもいます。いずれも油臭くなく、独創的な味わいです。

f:id:sepyas:20210425132913j:plainコロッケはジャガイモの自然な甘みが際立つ逸品で、ソースなしでも十分美味いです。むしろソースは要らないですね。メンチカツは肉肉しくないのがアラフィフの胃には優しい、例えるならクリームメンチコロッケの様相です。〈ネギ串カツ〉100円は串カツが玉ねぎなのに対して長ねぎを使っています。小ぶりながらしっかりと豚ロースの食感を味わえます。
磯子のこの辺りは公園も多いので、おやつ代わりに買っていくのもいいでしょう。



磯子にはもう一軒、甘くないコロッケが買えるお店があります。

www.menehunephoto.net


スポンサードリンク