menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

「珈琲店タレーランの事件簿3 心を乱すブレンドは 」読了。


スポンサードリンク


珈琲店タレーランの事件簿3 心を乱すブレンドは 」入手。

登場人物が多岐にわたるのと、舞台がバリスタ・コンペというイベント会場ゆえのアウェイ感があって、美星バリスタの「ツン」で「でれ」な要素がちと不足気味、というのが三分の一ほど読んだ印象。
これから先を楽しみに。

岡崎琢磨はん著、「珈琲店タレーランの事件簿3 心を乱すブレンドは 」読了。

※ここから先、若干のネタバレがあるかもしれません。


以前のエントリにも書いたが、今週末は桜の見頃。
巡礼がてら、旅のお供にこの一冊、みたいなことを書きましたが、読後感はこの内容を修正するものとなってしまいました。


まず、京都である必要がなくなっちゃったね、舞台。
これが大きいです。

バリスタコンペティションの舞台となる伏見にあるコンベンションセンター、といわれても、さすがに巡礼し
ようとは思いません。
よって、モデルとなった施設も調べる気にはなりませんでした。

物語がほぼここだけで展開するため、前2作のように、京都の地理に明るくないヒトたちを置いてきぼり、みたいな巡礼小説としての魅力はまったく、と言っていいほどありません。

2巻もそのきらいはありましたが、3巻にして、長編です。バリスタコンペティションが開催される二日間に起こる謎に、出場者でもある切間美星バリスタが挑むというお話です。

既刊であった、短編の集まりが、終盤に集約していく感じを期待していましたが、肩透かしを食らったかな。
いや、集約はしてるんだけど。。。

外野の声に耳を傾けすぎなのか、アオヤマの「んぐぁ。」は序盤に1回しか聞かれません。
京都の地理に明るくないヒト置いてきぼり感の無さも然り。

加えて、終盤の謎解きにまつわる過去の暗澹としたエピソードは重く、トリックも雑かなあ。

だから残念なことに、この3巻には、「京都に行きたい」と思わせるものが足りません。というか、ありません。
理由は冒頭述べたことに加え、美星の「デレ」要素が希薄なのが大きい。
お約束的にラスト近く、美星とアオヤマとの間で交わされるチョイ・ラブ描写が弱いんです。

1作目では表題ともなった「また会えたなら・・・」、2作目では「だから、どこへも・・・」という圧倒的に読者の胸に飛び込んで来る萌え台詞がないんです。
いや、あるにはあるんだけど、弱い。
逆な言い方をするなら、前2作のラストで零れる美星の台詞が、それだけメガトン級だったということなんですけどね。

よって萌えない。残念ながら萌え死なない。萌え死ねないんです。

一応4巻への布石を打った形で3巻は終了します。ってことは次作の舞台はイタリア?ってことになるんですが、美星とアオヤマの恋の行方も、情熱の国・イタリアで進展するのでしょうか。
ますます京都から遠ざかる。。。
もっとも、回想の形で散りばめられるのでしょうけど。

ただ、少しだけ贔屓目に書くと、シリーズ完結に向けてのブリッジとして、3巻では敢えて萌え要素を排除した、と取れなくもないんです。
あっ、ハードルあげちゃった?

だから、これを書いているワタシは3巻の売上の方がちと心配なのだが。

 

 


スポンサードリンク