menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

—白身魚 自選イラスト集— 真昼の月は、いいぞ。


スポンサードリンク

 

f:id:sepyas:20200809125025j:plain

定期的にネット検索するKW(キーワード)があります。それは〈白身魚(しろみざかな)〉。大抵の場合、おいしそうなお魚のフライトかがヒットしますが、これに〈イラスト〉と加えて絞り込むと、彼女の作品群が表示されます。

白身魚〉とは、京都アニメーション在籍時に一世を風靡したアニメーション作品『けいおん!』のキャラクターデザインで知られるアニメーター〈堀口悠紀子〉はんの、イラストレーター活動時のペンネームです。

menehuneはアニメ〈けいおん!〉にどっぷり嵌った際、彼女の存在を知り、以後活動を追いかけている(つもりだが、追い付いてはいない)。水彩画のような色味の濃淡を上手く使ったタッチと、もちろんキャラクター造形の可愛らしさが好きです。

白身魚 自選イラスト集— 真昼の月 表1

そんな〈白身魚〉はんの初作品集『真昼の月』が、8月上旬リリースされました。速攻ポチりましたとも。

ライトノベルココロコネクト』の文庫本で使用されたイラスト群です。懐かしいですね。

NHKのニュース内天気予報で使用された気象キャラクター〈春ちゃん〉ですね。当時は〈春ちゃん〉の声を当てた声優が〈豊崎愛生〉はんで、『けいおん!』つながり、なんて(一部で)話題になったものです。


 〈白身魚〉はん自身が手掛ける6コマ漫画(途中で絵師変更の模様)は、セリフ担当は別にいるとしても、ちょっとした才能を感じずにはいられません。過去の作品が閲覧できるのでおすすめです。
2011/04/12~2016/03/21までは別の絵師はん。2016/03/28~2017/03/27までを〈白身魚〉はんが担当、と推測します。

www.nhk.or.jp

 

『たまこまーけっと』BD特典ブックレット

彼女が京アニ時代に同じくキャラデザを担当したTVアニメ、『たまこまーけっと』のブルーレイ特典として同梱されていたブックレットに、〈堀口悠紀子〉はん名義で書かれた5コマ漫画が、各巻ごとに収録されていました。当時も漫画家的な才能を感じていました。

因みに、様々な要因が重なったのでしょうが、単純に〈堀口悠紀子〉として在籍していた京都アニメーション時代に手掛けたイラストは、掲載されていないのが少し残念ではあります。一点だけ、カドカワがらみのムックに寄稿した『涼宮ハルヒの憂鬱』におけるSOS団の5人が描かれたイラストが収録されていますが、同作のキャラデザを手がけた〈池田晶子〉はんのタッチとはあえて距離を置いていることがわかります。つまり、ほぼ別人に見えます。興味深いですね。

『ジャナ研の憂鬱な事件簿』です。この方のすごいところは、背景も緻密に描けること。そして、見せパンもきちんと描く(稀有だけどね)こと。

f:id:sepyas:20200809122402j:plain
コミック百合姫』12巻分のイラストも収録されています。

f:id:sepyas:20200809122409j:plain

©Shiromizakana


京アニ退籍後のキャリア、例えばTVアニメを含めたマルチ展開した『22/7』や、劇場用アニメ『HELLO WORLD』は、彼女の活躍要素とは別のところで成功しているとは思えないあたりが残念ですが、引き続きウォッチしていきたいクリエーターであることに変わりありません。

f:id:sepyas:20200809122356j:plain

〈どちび〉名義の頃の作品も多数収録されています。

初期のペンネーム〈どちび〉時代のブログ『enfance』は、geocitiesのサービス終了に伴い閉鎖。ウェブ魚拓サービスで当時の活動を見ることができます。

web.archive.org

現在の活動やイラストは、Twitterで確認できます。

twitter.com

活動を開始した2007年から、今日までの「アナログ画材」で描かれたもの、約200点を収録した〈白身魚〉はんの初作品集『真昼の月』は、目の保養になりますよ。

—白身魚 自選イラスト集— 真昼の月

—白身魚 自選イラスト集— 真昼の月

  • 作者:白身魚
  • 発売日: 2020/08/07
  • メディア: 単行本
 

 


スポンサードリンク