menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

2014年冬アニメ、総括。


スポンサードリンク

2014年冬アニメ、総括。
簡単に纏めておく。


Wake Up,Girls!
作画に乗れない点がすべて、OP/EDとも楽曲は良かった。話の筋も悪くはないと感じたが、観ていて辛い絵面のアニメはそこまでかと。

◆いなり、こんこん、恋いろは
最終話の「うか」を甘やかす親、という設定で一気に醒めた。

中二病でも恋がしたい! 第2期・戀(れん)
安定してますね、中間報告で書いたが、中盤以降、置きにいっちゃった感が否めません。
たまこラブストーリー」に木上はんを持っていかれて、1期であったアクション要素が弱くなっちゃった感じ。
七宮は原作から優柔不断寄りにキャラ設定をしてしまったせいで、観ていて辛い。
絵面は安定していたけど、構成と脚本が京アニはんの今後の課題となりそう。

のうりん
意外と心に残らない作品でした。
作画は結構ぶれてたし、過去作へのオマージュという名の滑り気味ギャグと、シリアス系演出とのバランス処理を誤った感じ。地元じゃ歓迎されないだろうなと。

最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。
最終話の内容が思い出せない。。。日和は成仏できたんだっけ。。。
あっ、2期の可能性含みで終わったんでしたね。その程度の作品でした。

ノラガミ
2014年冬アニメのナンバーワン(実質ツー)。バランスが良かった。

そして、実は「ノラガミ」を上回る私的ナンバーワン作があって、それは当初挙げていなかったダークホース。
◆ロボットガールズZ
だったりする。
京アニはんのアニメ、「日常」で相生祐子を演じた本多真梨子はんがほぼ「ゆっこ」キャラで演じるZちゃんがもう最高に魅力的。
加えて、えっちい方面のニーズもバッチリ・フォローというのだから面白くないはずが無い。
グレちゃんもグレンダさんも素敵。進行に余裕があるのか、作画も崩れないし、声優陣の並びも豪華。
往時、殆どロボアニメに興じていない私でもこれだけ楽しいんだから、ハマった御仁は堪らないはず。


オンエアされた全9話と、新作を加えた劇場での上映も来月から。
これからも目が離せない作品になりそう。

スポンサードリンク