menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

映画「シン・ゴジラ」を観た。


スポンサードリンク

映画「シン・ゴジラ」を観た。

ええっと。これは「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」の代わりなの?

シナリオ的な展開は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」をなぞっている風に見えたけど。

作戦名なんて、名称は違えどまんま流用だし、未知の存在に対する官民こぞっての総力戦、っていうのも、彼作の流れそのまま。

劇伴も「ヱヴァンゲリヲン」の使い回しだし、エンドロールで流されるOSTも往時のゴジラシリーズの流用だし。殆ど目新しい要素がないじゃない。

東京壊滅の危機のくせに、陛下の避難に関しては全く描写がないというね。
興味がないんだろうけど、逃げてるようにも見える。

アニメ的なカット編集の巧みさや、ピント送りの多用、切れの良さは観ていて小気味良いし、自衛隊のCGも良く出来てるな、と素直に感心しましたが、 余りやってる事変わんないね、という印象も。

それを言っちゃあ、世のカタストロフィー的映像劇はみんな同じ構造でしょ、という意見もあるだろうね。未知の敵の襲来から、人類の英知を集結した応戦とその帰結。そこに人間ドラマが入るか入らないか、てな具合。

この国は壊されることで、、、という主張も、薄ら寒い印象で、いかにも原子力を肯定しているように聞こえてしまうあたりは同調できないなと。

ラストのあの描写、スクリーンを見る距離によって判別できるヒトとそうでないヒトが分かれそうではあるけど、一応続編ありきで締めました、と見るべきでしょうね。


スポンサードリンク