menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

浦賀の亜細亜楼でニラ玉ラーメン+半餃子


スポンサードリンク

前回のエントリで、観音崎から浦賀駅に向かいバスの途中下車を提案したが、今回はそのルートのオプション・その2だ。

浦賀亜細亜楼でニラ玉ラーメン+半餃子


浦賀駅で下車して来た道を少し戻ると、中華料理の亜細亜楼がある。


ニラ玉ラーメン750円+半餃子230円でニラ玉ラーメンには半ライスがつく。1,000円でお釣りがくる。
もう少しふわっとスクランブエッグ的に炒める手もあるのだろうけど、要はラーメンにニラ玉乗せました、という。その他の具は乱切りしたネギ以外の要素は無い。つまり、肉要素が無い。
ついでにシナチク要素も無い。少し寂しい気もするが、これは普通に旨いです。
半餃子もライスのお供に、ちょうどいい分量。旨い。
ライスに関しては、最近、中華料理系のライスでいかにも臭い御飯を提供する店があるが、ここは今回についてはそんなことは無かった。及第点。なんで米にこんなに気を回せないんだろうという店が増えているのは気のせいだろうか。

亜細亜楼は前回書いた江川食堂同様、陸の孤島だからこそその存在感が生きるんだと感じた。
横浜鶴見あたりじゃ、この手の中華料理屋はもう粗方廃業してしまったんじゃないだろうか。
オススメデス。


スポンサードリンク