スポンサードリンク

箱根ホテル小桶園が営業終了。


スポンサードリンク

二日連続で箱根。
最初は岡田美術館に向かうつもりだった。小涌谷駅からTAXIで。
途中、あれっと気づいた。
箱根へ向かう車中で、ラジコは『箱根ホテル小桶園』が2018年1月10日をもって営業終了と報じていたから。岡田の向かいがそれじゃん。
偶然とはこういうことをいうのだろう。
少し調べれば、この件は昨年初頭にはリリースされ、報道もされている。どんだけ情弱なんだという。


2018年1月9日に閉館する記事を書いた、『パレスホテル箱根』同様、menehuneは立て続けに閉館を迎えるホテルへ導かれたことになるから。

www.menehunephoto.net

記事にはしていないが、以前一度だけ、日帰り温泉を利用したことがある。
お世辞にも綺麗ではない施設だった記憶がある。


確かにラジコのレポーターが述べていた感想どおり、ロビーの天井が低い。
効率を優先した往時の設計思想が窺われる。


60年かあ。現在リニューアル工事中の『ホテル・オークラ』の往時の姿を髣髴とさせる、時代を感じる佇まいである。
藤田観光は近隣に全室露天風呂つきの宿泊施設『箱根小涌園天悠』を昨年、一昨年には『美山楓林』をオープンさせている。ここの敷地の計画は未定だそうだが、そんなに作って大丈夫なんだろうか。


ユネッサンの敷地にある『貴賓館』。


軍鶏(しゃも)を食すのは、ひょっとして初めてかもしれない。
もちもちした食感でコクがある。贅沢だ。


蕎麦は体を冷やすというが、この後、バス停でバスを待つ間、寒さがしみた。
正月連休で、バスも登山鉄道もダイヤ乱れまくり。
好きで人ごみ参加してるんだからぼやかない。


スポンサードリンク