menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

TBSラジオ【伊集院光とらじおと】コーナー『俺の5つ星』の店を探してみた。


スポンサードリンク

TBSラジオ【伊集院光とらじおと】コーナー『俺の5つ星』の店を探してみた。2018年7月10日にオンエアされたエピソードで、こういうのがあった。

およそ30年前、横浜産業貿易センターの裏にあった「みやぎの」という洋食屋さん。

地元民としては興味のあるところ。少しだけ調べてみて、少しだけ推理してみた。
個人的に、ほぼ解決したのではないか、という結論に達した。推測だけで裏は取っていないけど。


まずは場所探しである。中央図書館に出向いた。いまから30年ほど前なのだから、2018-30≒1989年=平成元年の住宅地図(横浜市中区)を貸り、見てみた。懐かしいのだ。投稿者はんは、警友病院関係かな。


産業貿易センター裏の水町通りからさらに本町通り側の路地にある、横浜ペインチング第2ビルという建物があり、入居テナントを調べると、一階のテナントに「レストランみやぎの」と「そば処信玄」とあります。因みに地下が「バーメロウクラブ」です。


付録のテナント一覧を見ると、正式には「レストランみやぎの」だったことがわかる。

番組の公式WEB情報を、この時点で参照していなかったので、「みやぎの」という店名が、そのままひらがなであることをここで知った。ラジオの音情報では当日何のフォローもなかったからである。普通に「宮城野」とかでググってもヒットしないはずだわ、と思い、「みやぎの」で検索しても同じでしたね。しかし、場所の目星は付いたので、昼食を兼ね、現地へ向かうこととした。


本町通から産貿ビルに向かう一通に面して、それはあった。横浜ペインチング第2ビル である。そして、1階のテナントは2つとも代替わりしていた。

「そば処信玄」は「味奈登庵(みなとあん) 山下町店」に。そして、「レストランみやぎの」があった場所は、テイクアウト専門の「ジョージの店」という弁当屋になっていた。


左右の目星は、蕎麦屋を居抜きで「味奈登庵」が引き取り、「みやぎの」があった場所は、現在の「ジョージの店」を紹介する〈食べログ〉の画像がヒントになった。外観に面影があるから。昼食をとり、13時過ぎに戻ってきたら、もう弁当販売は終了していました。

そして、現在の店名がわかると、そこから結構芋づる式に推理が成り立つのである。
検索候補ってすごいね、やはり。

横浜市中区山下町にある「ジョージの店」は、いまでこそテイクアウト専門店になってしまったが、〈食べログ〉のレビューを見る限り、少なくとも2010年くらいまではテイクアウトも出来る洋食屋だったようですね。当時のメニューも乗っていますが、パスタのメニューがありません。オムライスはあるようですが。

そして、検索候補で、むしろこっちがヒットした、青森県弘前市にある「レストラン ジョージの店」である。オープンは1989年(平成元年)11月だそうだ。平成元年、これも偶然か?
※2013年の『陸奥新報』の記事を参照
【2021年2月11日追記】現在公開は終了しています。

こちら弘前の「レストラン ジョージの店」に関する、〈食べログ〉のレビューを見ると、オムレツが美味いお店のようだが、〈ナポリタンオムレツ〉なるメニューがあり、投稿者の、オムスパはオムライスのライスの代わりにナポリタンのスパゲティが入っているメニュー」という記憶を補完するメニューが存在するのです。

山下町と弘前と、同じ店名っていう偶然は、そうないだろうし、あとは関係者に聞き込みすれば、この30年の間、何があったのか、二つのお店の関係も判明するはず。店名の由来とかも。

ただ、いずれの「ジョージの店」も、「レストランみやぎの」から、何かを継承しているのかどうかまでは、裏を取っていないので、さすがに判りません。展開としては「みやぎの」で修行した「レストラン ジョージの店」のシェフが、オムレツの味を継承し、さらに高めている、なんてオチだと思う。

さあ、真夏の妄想。どうなる? ってか、局に投稿しろよ、menehune!

 

【2021年2月11日追記】
先日2021年2月9日、TBSラジオの同コーナー内で、以前書いたmenehuneの推測をフォローする放送がオンエアされました。もともと2本の情報をオンエアすることは決まっているのに、聴く側の注意を惹きつけるやり方に苦笑。

投稿されたとされる情報をもとに進められていきますが、1通目の「あぶ刑事」に引っ掛けた投稿は愚にもつかないもの。2通目の61歳、男性の投稿は、menehuneのエントリをなぞるような内容でした。いつ届いた情報なのかも紹介がありません。

Googleアナリティクスで調べてみると、2018年に書かれて以来、このページのURLは通常のアクセス数はここ数か月ほぼゼロでした。エントリされて以来の数字も調べてみましたが、昨日までの数字でも「191」ですから。
しかし2021年1月のある特定の日だけ、当該ページのアクセスが突出しています。といっても、ゼロが「5」に増えただけですが。
その後再びアクセスはゼロに戻り、2月4日に「1」、2月5日に「3」、2月6日に「4」、とわずかながら立て続けにアクセスされています。
そして放送日の2月9日は(それでも)「84」のアクセスがあったと記録されています。
放送の半月前と数日前に誰かからのアクセスがあった、というログが残っています。


恐らく放送関係者が閲覧したのでしょう。
横浜ペインチング第二ビル、ジョージの店という天文学的数字の店名の一致、バーメロークラブ、横浜と弘前という関連性など、披露された情報は、このエントリに書かれた域を出ることはなく残念ですね。ていうか、原稿料くれっていうレベルかな。

唯一実店舗への取材をしてくれたのはいいのですが、ああもあっさり無関係という結果となるとは、びっくりですね。
恐らくこの件はこれでコールド・ケースでしょう。邪魔をしたのか盛り上げたのか?




スポンサードリンク