menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

EDIUS Pro5でスライドショー作成。A900の画像データは注意。


スポンサードリンク

EDIUS Pro5 を使ってスライドショーを作ろうとしたわけです。
A900で撮影した画像をエディウスで呼び込んでタイムラインに展開。
BGMもCDからキャプチャして、画面転換でトランジションを掛けたわけです。
再生がもたつくので、おかしいなと思って、レンダリングを掛けてみたわけです。
するとフリーズ。。。タスクマネージャで終了させようとしても駄目です。
原因は・・・わかりますか?

プロジェクト設定が HD 1920*1080 であったのに対し、取り込んだJPEGはブログ用のものだったこともあり、そのサイズは1280*853ピクセル
これが原因だったようです。設定に対して画像サイズが小さい。
プロジェクト設定を SD 720*480 に変更して、再度読み込みを行ったら再生もスムースでレンダリングもスラスラ行えます。

ではJPEGのサイズが大きければ、プロジェクト設定が HD 1920*1080 でもサクサク作動するのか。試してみた。
A900で撮ったオリジナルサイズのJPEGは4272*2848ピクセル。これを取り込んでみる。縦位置、横位置混在で。
ここでも再生がもたつく。画像の切り替わりでいったん読みに行き、表示される感じ。トランジションをかけレンダリングすると、あれっ、またフリーズ。

プロジェクト設定より大きな画像を用意すればいいってわけでもないらしい。

MWにもスライドショー機能はあるのだが、画像の切り替え時間が固定のため、曲のフレーズに合わせた画面転換ができないと。

静止画の扱いに関して、何かEDIUSなりの法則があるはずだ。

ググッても見つからないので、一応ここに上げておきます。

追記:もう一度ググッたら見つかった。トムソン・カノープスのFAQ
タイムラインに読み込める(ビデオレイアウト機能でPan&Zoomできる)静止画像ファイルにサイズ制限はありますか
約1600万画素(例、4000x4000 ピクセルなど)までの静止画に対応しております。
とのこと。


スポンサードリンク