menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

ヨコハマ昔の写真


スポンサードリンク



昭和64年、冬の写真である。
平成元年のそれでもある、
ネガをスキャンしたもの。
山手、というか根岸の米軍住宅。
映画「E.T.」を思い出す。

当時の機材はMinolta X700。
モータードライブまで手が回らなかった記憶がある。
レンズは新品で買ったMD 50 F1.4、MD24-35 F3.5、そして中古で買ったMD200 F4だったと記憶している。

矢作俊彦を読み耽っていた大学4年の冬。
アメリカは憧れ以外の何者でもありませんでした。

IMG_0004.jpg
根岸競馬場跡地のスタンド廃墟。
西日を浴びていい感じです。
これを撮影したとき、道すがら「豚小屋」があった記憶があります。
いまでも「豚」いるのでしょうか。
右側のスタンドが現存しますが、ヒトの手の入った廃墟はすでに廃墟ではありません。
いまのスタンドには興味はありません。

YMO主演の映画「プロパガンダ」のロケ地にもなったここ。
当時はOFF  LIMITSのここでよく撮影できたものだと話題になったものでした。
武道館の散開コンサートを観たのが高校2-3年生の頃。
翌年公開のこの映画は今でも記憶に残るいいものです。

IMG_0008.jpg
なんか、自画自賛ですけど、いいですねえ。


(2017/03/31追加)競馬場施設

IMG_0005.jpg
新館が出来る前の「ホテル ニューグランド」
あの頃の待ち合わせは、電話連絡が取れるホテルのロビーを使うことが多かった。
携帯電話が無い時代。
ホテルのロビーなら「遅れる」連絡を相手に取り次いでもらえたから。
Bar「シーガーディアン」が通りに面していたのもこの頃。
真っ暗といってもいい照明の中、唯一明るいカウンター席に腰掛けるのは学生の自分にとって、えらく背伸びをした振る舞いだった。

本館1階の花屋の存在感と(男性)トイレの意匠も、とても痺れるものだったと記憶している。

プライベートで1回、中庭に面した本館シングルに、仕事で新館にも1度泊まったことがある。
良い意味で古びた本館の部屋とバスルームは今でも心地良い記憶として残っている。

秋の一日、少し昔を振り返ってみました。


スポンサードリンク