menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

ブルースクリーンから、グラボ交換


スポンサードリンク

ブルースクリーンから、グラボ交換

その兆しは数年前から表出していた。
ネット動画を視聴していると、突然「ブーーーー!」というノイズとともにブルースクリーンになり再起動。
再起動後は一応復旧するという。
またこんなことも。
スリープモードから復旧してしばらくすると、ブルースクリーンとなり、再起動するのだがBIOS画面で進まなくなる。そこでメイン電源を切り、再び電源投入すると、BIOS画面を無事通過。〈Windowsを再開しています〉というメッセージが表示され、そのままログイン画面になり、一応復旧するというもの。

自作タワーのマザーボードは、GIGABYTEの GA-MA790GP-DS4Hで、モニター出力はオンボードを利用していた。

そして、兆候その2。
ここ1ヶ月ほど、これもネット上の動画にブロックノイズが混ざったり、動画が波打つような現象が現れたのだ。
たとえば、YAHOO! JAPANトップページ右の動画広告などだ。
FLASH PLAYERのアップデートはきちんと行われており、「何でだろう?」とここでも高をくくっていた。

そして、12月21日の晩、それは起こった。
「最近、Windows Updateの更新がかからないな?」と思い、手動でスタートキーからWindows Updateを起動させると、いままで見たこともないメッセージが表示された。

コンピューターの更新プログラムを確認する項目が赤盾にバツが表示され作動していない様子。
そこで〈更新プログラムの確認〉をクリックしたときに、表示されたメッセージとは。

「現在サービスが実行されていないため、Windows Update で更新プログラムを確認できません。このコンピューターの再起動が必要な可能性があります。」

なんじゃこりゃ? 早速ググると、同様の憂き目に遭っている方は相当いる様子。

そして試してみた。例の、.batファイルを作成して、管理者権限で実行するってやつを。
うまく行ったようです。再起動して、再びWindows Updateを起動させると、いくつかの重要な更新プログラムが表示された。「やれやれ・・・」とぼやきつつ、インストールを行い、再び再起動。そして、今度こそ、それは起こった。



BIOS画面が映画『マトリックス』のオープニングみたいだ。文字は歯欠けだし、何しろ色味がおかしい。ピンク色で、画面全体の解像度も甘い。甘いなんてもんじゃない。
そして、ブルースクリーンとなり、再起動。。。堂々巡り。
詳細ブートオプションで、回復オプションを試すも埒が明かない。

長年使ったiPhone5から、iPhoneXへ機種変更。そのiPhoneが12月23日に到着するというのに。
これじゃ更新できないじゃん。。。

そんな逼迫した精神状態のまま、22日は仕事にならず。
iPhoneもそうだし、メインPCが使えなくなることに対する恐怖がこれほど気持ちを揺さぶるとは。

結局23日、土曜日の開店と同時に川崎ヨドバシへ出向き、PCI Express x16スロットに差し込んで使うグラボを適当に見繕い、安かった、 AMD R7 240 2GB PCI-Express GV-R724OC-2GI を購入。
即帰宅して、マザーボードへ差し込み、恐る恐るタワーの電源を入れた。

結果、BIOS画面を無事通過し、Windowsの起動画面にもおかしな色味は出ていない。そしてログイン画面を経て、デスクトップが表示された。ひとまず安心。試しにYAHOO!を開いてみると、動画広告もスムーズに動いている。
しかし、追加したグラボを現在のドライバはサポートしてない、というメッセージが表示されたので、グラボに付属のディスクからAMD Radeonのドライバをインストール。
その後、問題は発生していない。

原因はWindows Updateなのか、ハードの寿命でオンボードチップが逝ったのか不明だが、そろそろ、7から10へを含め、PCの刷新を考える時期かな、と思う。


スポンサードリンク