menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

ミノルタのオールドレンズを入手(4・了)分解清掃があがってきた。購入から分解清掃までかかった経費


スポンサードリンク

α7にコンバーターかまして、旧ミノルタのレンズ群が使える、ということを、いまさらながら目にしたので、横浜市内の中古店で衝動買いをしてしまったことから始まったこのお話。入手編の最終回です。

山崎光学さんから紹介された工房へレンズを送って、現物を手にしながら電話で相談。
MD ROKKOR 45mm F2は現状のまま手をつけず、New MD 24mm F2.8はヘリコイドのグリス入れ替え、MC TELE ROKKOR-PF 100mm F2.5もヘリコイドのグリス入れ替えと、絞りの粘り清掃を行うことにした。

1週間強。宅配便でレンズが戻ってきた。振込先の記載された納品書には見積もりとおりの金額が記載されていた。
あがったら電話する、ということだったが、宅配便が送られて終了。打ち合わせどおりの内容と金額で収まったから、という理解をした。

 

ネットで検索しても、工房の名前はヒットしなかったので、ここでも書かないが、今回の二段階方式の分解清掃、丸く収まった印象だ。中古レンズの購入から、レンズ清掃、分解清掃でかかった費用を記しておきます。参考になさってください。

(1) MINOLTA New MD 24mm F2.8 中古購入価格10,000円
・ヘリコイド重いグリス入れ替え 6,000円
・曇り少ないのでレンズ清掃行わず。

(2) MINOLTA MD ROKKOR 45mm F2 中古購入価格10,000円
・曇り多い。レンズ清掃10,000円

(3) MINOLTA MC TELE ROKKOR-PF 100mm F2.5 中古購入価格8,000円
・曇り多い。レンズ清掃10,000円
・絞り粘り清掃、ヘリコイド重いグリス入れ替え 8,000円

これで、やっと撮影する環境が整った。今年の横浜は、台風の風と塩害で、もみじは枯れてしまった木がほとんどだけれど、回ってみよう。追って作例を紹介します。

 

 

 


スポンサードリンク