menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

けいおん!!雑感(1)#7 お茶会!


スポンサードリンク


SONY A900
minolta AF100 MACRO F2.8 1/100 F5 +2.0EV

5月18日、関東では「けいおん!!」#7『お茶会!』がオンエアされたわけで。
いつもの掲示板で言われているように、私的にはもちろん神回ってことで。

以前から申している通り、スプーン一杯のエロ要素をちりばめつつ展開した今回、
さて、#7『お茶会!』で印象に残ったのは、
*オープニング、和の背中を捉えたショット。いいセンスしてますね。オジサンは嬉しいです。前回からの流れなのか、和、今回はブラウスの裾をスカートにしまっています。しかも#6の律の描写と違って、ブラウジングがちゃんとしてるので、みっともなくない。
*今回は澪回なんですけど、和回でもある。原作を上手に演出した京アニスタッフに拍手。オープニングとエンディングをクロスオーバーさせた和の台詞と、曽我部元生徒会長のラストの表情で、正直私泣きました。。。原作&1期のキャラデザから可愛くなり過ぎ、というのは純にも当てはまるのだが、曽我部さん、素敵っす!
*もともと指摘されていたOPの澪のBASS、向きが修正されました。これって狙って間違えてない、くらいのチェック漏れだったのですが、これは半分「間違い探し」をさせられているのではという感が。
*その曽我部元生徒会長のタイの色に関する指摘も今回ありました。原作では梓が1年生、澪たちが2年生のとき曽我部さんは3年生で生徒会長、という設定なので、この順番だとタイの色は緑でないとおかしい。現に1期で登場した際のタイの色は緑なわけ。確かに原作、この回だけ梓は登場しないので、澪たちが1年生の時のエピソードということも言えなくもない。だとすると、曽我部さんと入れ替わりに梓が入学することとなるので、曽我部さんのタイの色は赤でなくてはいけない。でもそうすると、どうしても1期のときのタイの色も赤でなくてはいけなくなる。・・・よって、これはDVDリリースの際、緑色に修正される可能性大です。

※この曽我部恵問題は彼の掲示板でもかなり大きな議論となっているようなので、次回私なりに改めて考えtみたい。

*「お礼参り」の講堂のシーン。曽我部さんの瞳に映る、右利きの澪と左利きの唯にホロっ。
*ということは受験勉強に邁進するころの回では、原作同様再度、曽我部さん登場回がある、ということですね。期待しています。
*紬の名探偵っぷりに微笑。
*山田監督の名を冠したYAMADAYAブランドの調理パンがまさかの大ヒット、って多分無い、と思う。
*やたらといろんな既製品に貼られた澪シールのやっつけさ加減に微笑。
*「秋山澪 生い立ちアルバムにホロっ。途中画面センターでポツンと座らされた澪が画面を注視するカットはナイスです。
*お茶会で澪がソファの上で膝を抱えた体育座り。これは反則に近い破壊力。
*澪オリジナル詩の朗読時のエコーと読後の満足そうな顔に微笑。
*そして6月2日にリリースされることが告知された、放課後ティータイムの新曲「ぴゅあぴゅあはーと」初お披露目。オジサン的には往年の佐野元春なんかを思いだしましたね。こんなHTTを優しく見守るさわちゃん。
*お茶会のライブシーンの描写が甘いなどの指摘もありますが、3カット目のゾーンで流れたスポットを見ても、その間に合わなさ加減は見て取れるので、「桜高軽音部」全体の進行が若干てんぱってるってことなんでしょうね。
*7話のB面で1年生が差し入れを持ってきた後、
律「それで、肝心の曽我部先輩は来るのか?」
和「それがあ・・・」
場面転換で軽音部を外から写した校舎の絵 ※
梓「えー、来れない!」
和「手紙は書いたんだけど・・・」

の一連の描写で、※のところで何か曲がかかっているけど、これって何ですか?

ボーカルは澪っぽくて「エンジョイしたい!」と歌っているように聴こえるんだが。


てなところか。

今日は仕事でてんぱったので疲れた。もう一度7話見てもう寝ようっと。


スポンサードリンク