menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

アニメ「ココロコネクト」1話雑感。


スポンサードリンク

アニメ「ココロコネクト」1話雑感。

厳しいよね。
赤井俊文はんは、「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」でも同様の中傷を受けていた記憶があるけど、仮作と本作が同じ道を辿っているのは、キャラ原案を常に越えられない、という十字架を背負っているから。

原作は既刊、すべて読んでます。
で、やはり萌える要素はあの挿画なんですよね。わたくし的には。
白身魚はん(=堀口悠紀子はん)のあれが、あのタッチのまま動いてくれると、どうしても期待してしまう受け手が生じてしまうんですね。
少なくとも、原作組の御仁はどうしてもそうなってしまう。

そして、1話オンエア。。。
声優はんはとてもいいです、ホンマ。これは原作読んだだけで、CDは手を付けていない者の率直な感想。
挿げ替えたパートの演技もいい感じ。
いなばんのツンデレ加減も今から楽しみ、なんですが、、、やっぱり、白身魚はんの仕事のインパクトが強すぎて、作画が追い付かないという印象。

だからと言って、京アニはんが本作を担当すれば違ったのか。。。そりゃ違ったでしょ。堀口絵のフォロワーはたくさんいる。
だから「けいおん!」は成立した。
そして、演出も異なったものとなるでしょう。
でも、なんだか大人の事情で、そうはならなかった。というほどのものでもないか。

「歩合制」でやってる数少ない京アニ社員、堀口はんには、直接話を訊きたいところだけど、環境が整わない。
要は、「塗り」の見せ方なんですよね。
ココロコネクト」のキャラデザを「ベタ塗り」の一般的なアニメ作画にしたら、それは限りなく「けいおん!」に近くなってしまうんです。
文庫版のあれは水彩タッチだからよかった。

ここのあたりの因果関係にストレスを感じている御仁が少なからず存在することを想いながら。。。




スポンサードリンク