menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。お気に入りの映画、書籍とアニメのインプレ、ライフハックもたまに更新。


スポンサードリンク

アニメ「氷菓」17話「クドリャフカの順番」雑感。そして今後のタイトルの流れも判明。


スポンサードリンク

アニメ「氷菓」17話「クドリャフカの順番」雑感。

メイン機のPCクラッシュのせいもあって、「氷菓」インプレ、少し端折ります。

それこそ、端折る部分はあったけど、上手にまとめてくださいました。
原作の文化祭編を萌え要素満載で演出しつつ、最終話で泣かす。。。まさに「氷菓」的演出。拍手です。

田名辺はんにしても、入須はんにしても、河内はんにしても、いわんや里志でさえ、いい人補正が大分かかっている気はしましたが。

一点気になったのは、摩耶花が里志の学ランをつまむカットで、あの流れ上、二人のシルエットにそのような影が落ちないのは。。。てなところかしら。意図して描かない理由も見当たらないし。。。って、まさか、あれは摩耶花の心象風景なのか?
でも、里志はつままれたことに反応してたしね。


そして、まさかの(公開された以上、そうでもないか) 「連峰は晴れているか」アニメ化が予告されました。
。。。「鏡には映らない」のそれを予想していた私の戯言は否定されましたが。。。
1話やるほどの尺ではないんだよなあ。あの原作。
何かと絡めてくるのかなあ?

もう一度「野生時代」を読み返してみよう。
気づいたことがあれば、また書きます。

さあ、これでほんとの最終回までの流れが見えました。

「連峰は晴れているか」
「心あたりのある者は」
「あきましておめでとう」
「手作りチョコレート事件」
遠まわりする雛

全22話として、残り5話はこの並び、なんだよねえ?


スポンサードリンク