menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

2015年冬アニメを吟味した。


スポンサードリンク

2015年冬アニメを吟味した。

ユリ熊嵐
http://www.yurikuma.jp/
百合なんでしょ、てな簡単な話じゃないんだろうな、監督はわかり辛さで定評ある人みたいだし。

艦隊これくしょん -艦これ-
http://kancolle-anime.jp/
数だしゃいいって訳じゃないのは「GF(仮)」が証明したので、同じ轍は踏まないと思うが、製作期間がダブってるわけじゃないしなあ。
しかし、ミリ要素と、ヒロイン内面描写から成長への軌跡を追っていける要素はありそう。
ゲーム&関連商品未着手!

冴えない彼女(ヒロイン)の育てかた
http://www.saenai.tv/
音楽が百石 元はん。「けいおん!」「繰繰れ!コックリさん」で手腕を発揮した御仁。
キャラデザは文句なし。声優陣も素敵。ハズれる気がしないのだが。

幸腹グラフィティ
http://www.tbs.co.jp/anime/koufuku_g/
花のズボラ飯」ばりの恍惚表現を期待していいのでしょうか。原作コミックでは結構派手にやっていると聞きますが。
監督、脚本に死角無しなのか?

アイドルマスターシンデレラガールズ
http://imas-cinderella.com/
何と言っても高雄統子監督のお手並み拝見という。
聖☆おにいさん」は貧乏籤だったから。
余談だが、私は「ラブライブ」に乗れなかったひとり。キャラデザの区別が付かないし、魅力的とも思わない。
しかし「アイマス」は前者と異なる。理由はなんだろう。「画のタッチ」だとは思うが。
新人ものとはいえ、中堅声優はんが結構占めているのがどう転ぶか。京アニ時代、「アイマス」20話演出など、高雄はん演出は大好きだが、若干ネガティブな傾向の話が得意、という気もする。軽快な感じをどう魅せてくれるか楽しみ。

暗殺教室
http://www.ansatsu-anime.com/
スタッフ・キャストとも豪華だし。とりあえず視聴。

アルドノア・ゼロ(2期)
http://www.aldnoahzero.com/
前期を観ていたため。

以上7タイトル。







スポンサードリンク