menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

アニメ「響け!ユーフォニアム」先行聖地巡礼 2015年3月27日(1)


スポンサードリンク

アニメ「響け!ユーフォニアム」先行聖地巡礼 2015年3月27日(1)

武田綾乃はん著、原作小説の記述を妄想しながらの「響け!ユーフォニアム」聖地先行巡礼。写真はすべてSONY SLT-A99VとTAMRON A007ないし、Minolta AF17-35の組み合わせ。


京阪電車宇治駅はコンクリ打ちっぱなしの案外そっけない印象を纏う。


コンコース然り。


京阪宇治駅のロータリーの向こうには大きな橋が架けられていて、それが宇治橋


橋の上からは塔の島(とうのしま)へと架かる朱い橋がいくつか見え、確かに原作どおり、観光地らしい風光明媚な景色を堪能できる。
もっとも、宇治川の治水工事が大規模に行われており、その魅力は半減以下だったのだが。
京アニはんのロケハンが行われたのか、それが何時だったのかは知る由もないが、かなりご苦労されたのではないかと。


宇治橋を渡り、左に折れると、


平等院通りへ繋がる。


主人公の黄前久美子(おうまえ くみこ)がお気に入りの歴史ある茶屋や和菓子屋が軒を連ねる。
巡礼中も、ほうじ茶を文字通り「焙ずる」香りがあちらこちらで漂っていた。


写真右側が平等院入口。
原作ではこのあたりで久美子の幼馴染で、北宇治高校も同窓となり、吹部でも一緒となる塚本秀一に背中を押されたあたりか。


平等院通りから奥に伸びる、


あじろぎの道は、宇治川沿いにあって、これをたどっていくと久美子と秀一の住むマンションにたどり着く。決して二人で住んでいるわけではない。
あじろぎ(網代木)」とは「網代」、つまりやな漁のように竹などで編んだ籠を留めておくための木、ということだそうな。


あじろぎの道を進んでも、実際にマンションはありません。ただ、それらしく見える建物があって、それがこれ。景観に配慮した低層階のマンションに見えなくもない。


その正体は、花やしき浮舟園はんが営む、「SATORI」という和食処。旅館もかねているようだ。


ちなみに平等院は改修が終わってすぐだったせいもあり、それほどの感慨なし。正直、ありがたい古臭さを感じず。また、どうしても、ここ単体で成り立ってる感が強い。つまり成り立っていないんだけど。
本殿と、左右のウイングが繋がってもいなく、それって、どういうこと? というのはこれからの勉強となる。


スポンサードリンク