menehune旅写真プラス

menehuneの写真旅の記録。ヨコハマ、京都、北九州など、SONYの一眼レフデジカメα900、α99、そしてミラーレス一眼カメラα7で撮影した写真とインプレッションを紹介します。お気に入りの温泉、映画、グルメ、アニメのインプレもたまに更新します。


スポンサードリンク

熱海のランチで使えるトラットリア8件を紹介・その1


スポンサードリンク

lunch de atami
熱海は長い間、寂れた温泉街として、廃墟のホテル群が、好き者の探訪場所として密かに話題となり、かつ問題視されてきたのですが、2016年に熱海駅ビルが〈ラスカ熱海〉としてリニューアルオープンした頃からでしょうか。徐々に活気を取り戻してきました。官民協力して若い女性にターゲットを絞り、プロモーションを重ねた結果だそうです。また2019年には後楽園ホテルがリニューアルオープンし、さらに日帰り温泉施設〈FUUA〉をオープンさせ、今後もホテルの開業が多く控えています。そんな熱海のランチどき、イタリアのサンレモ市と姉妹都市でもある熱海のランチといったら、イタリアンでしょう。今回は2回に分け、menehuneが熱海で食して美味しかったトラットリアをご紹介します。

テール・エ・メール(Terre et mer)

テール・エ・メール(Terre et mer) 外観

〈テール エ メール〉はランチも基本予約だそうだが、飛び込みでブラっと入ったmenehuneを受け入れてもらえた。仕込みの関係で、当日でもいいので、電話をくださいとのことです。
ランチメニューはアラカルトでなくコースのみです。Aコースはサラダ/スープ/パスタ/コーヒーで2,500円+税。Bコースはこれにアミューズと主菜とデザートがついて3,500円+税です。パスタはシラスと地野菜のパスタorミートソースから選べますが、Aコースだと前者だけらしいです。
テーブルごとに同じコースを注文してくださいと書かれていたり、レギュレーションが厳しいですね。

最初にドリンクを訊かれ、アルコールと甘い飲料以外だとミネラルウォーターになります、と、しれっと案内されます。ちゃんとミネラルウォーターでお金を取ります。テーブルチャージも一人500円。自信がなければできないですね。

熱海テール・エ・メール(Terre et mer) のACQUA PANNA(アクアパンナ) 瓶

ACQUA PANNA(アクアパンナ) 瓶 500mlが600円+税

テール・エ・メール(Terre et mer) のアミューズ(先附)のオリーブ。

アミューズ(先附)のオリーブ。

熱海テール・エ・メール(Terre et mer) 地野菜と地元産カレイのサラダ

地野菜と地元産カレイのサラダ

テール・エ・メール(Terre et mer) の静岡産もち豚のラグー春キャベツとキタアカリ

静岡産もち豚のラグー春キャベツとキタアカリ

熱海テール・エ・メール(Terre et mer) のカマスと野菜

カマスと野菜

テール・エ・メール(Terre et mer) のコーヒー
デザートはパンナコッタ ニューサマーオレンジのキャラメル。
エスプレッソ/コーヒー/紅茶からドリンクは選べます。

熱海テール・エ・メール(Terre et mer)店内 お待たせするので基本予約だそうです。週末はマストです。
ちゃんとミネラルウォーターでお金を取ります。テーブルチャージも一人500円です。
繰り返しになりますが、自信がなければできないですね。
もちろん提供される料理はすべて美味しかったです。水が提供されたグラスが匂ったのが唯一の残念点です。


テール・エ・メール(Terre et mer)
〈住所〉静岡県熱海市渚町19-11
〈電話〉0557-82-7665
〈公式サイト〉http://www.terre-et-mer.jp/
https://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220502/22001146/



レオーネノーヴェ(LEONE9)

レオーネノーヴェ(LEONE9)外観

田原本町のT字路をプリン屋から側から渡った先に〈レオーネノーヴェ〉はあります。

熱海レオーネノーヴェのランチメニュー

熱海〈レオーネノーヴェ〉のランチメニューです。
Aコースの、ミニ前菜とスープ、フォッカチャとパスタをオーダー。

熱海レオーネノーヴェのランチ前菜

ミニ前菜とスープです。

熱海レオーネノーヴェのパスタ

この日は桜エビと筍のアラビアータソースをチョイスするも、桜エビの苦みが前面に出ている印象です。もう少し通って確かめてみたいですね。
全般おしゃれだけれど、カウンター席に座ると、シェフの調理の音が煩いことに気づくでしょう。カウンター席の向こうがキッチンというお店は多くあるけれど、気づいてないのかしら。出されるものは立派なので残念。とは言っても、熱海駅から歩いて5分で本格イタリアンが楽しめるオススメ店です。夏場のジェラートも美味しそうですよ。


レオーネノーヴェ(LEONE9)
〈住所〉静岡県熱海市田原本町2-11
〈電話〉050-5596-9719
〈公式サイト〉https://leone9.com/
https://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220502/22034140/



モン(MON)

熱海モン(MON)外観
地元の人気店。地の利を生かした魚介料理が人気です。平日でもランチ時はほぼ満席。

熱海モン(MON)と熱海なぎさ

次に紹介する〈ナギサ〉とは向かい合わせの位置関係です。文字面ですと場所の説明が難しいので、住所で地図検索したほうが早いです。

熱海ナギサのパスタカンター席はありません。イカと季節野菜のペペロンチーノ。美味です。出される料理は旨い。ちゃんとしたレストランなんだけれど、自家製のおしぼりの柔軟剤のにおいがきつすぎます。今後飲食店で問題視されるスメハラ案件なので、改善すべきでしょう。

2回目の訪問。前回の訪問時に感じた自家製おしぼりの柔軟剤の臭さはほぼ解消された。

熱海・門のコンビネーションサラダ

ランチパスタの内容が魅力的でなかったので、コンビネーションサラダとブラックオリーブ&ケッパーのパスタを単品でオーダー。
トマト、ブロッコリー、ベビーリーフ、レタス、コーン、キューカンバと玉ねぎで構成されたコンビネーションサラダは1人で食すのにいいバランス。税抜き900円。

熱海・門のブラックオリーブ&ケッパーのパスタ

パスタのレギュラーは税抜き950円。酸味とトマトソースの旨味のバランスが絶妙で美味いです。旨いんですが。。。

今回だけかもしれないが、平日のランチどきにもかかわらず、群れて嬌声を発する常識のない10名ほどの男女の団体様が奥のテーブル席を占有していたので、こんな輩に遭遇したくないなら、入店時に「今日はうるさい客いない?」と訊くくらいのことはしたほうがいいでしょうね。


モン(MON)
〈住所〉静岡県熱海市渚町7-15
〈電話〉0557-81-2212
〈公式サイト〉http://www.atamimon.sakura.ne.jp/



ナギザ(Nagisa)

ナギザ(Nagisa)外観

〈モン〉の向かいにあるのが〈ナギサ〉です。これも地元の人気店です。

ナギザ(Nagisa)外観

入口が2か所あって、晴れて風の少ない日はテラス席での食事もいいでしょう。ペット OKのため、たまに煩い犬がいるのも事実ですが。

ナギザ(Nagisa)のパスタランチ

パスタランチAは1620円。ベーコンときにこのクリームソース、サラダ、スープ。+200円でドリンクがつきます。
クラムチャウダーと海鮮サラダ、美味いです。パンナコッタ付き。仕事が丁寧です。

熱海ナギザ(Nagisa)のパスタ

ベーコンときにこのクリームソースは、中央がくぼんだお皿のため、少なく見えますが、実際、大盛りにしてもらってもさほどの量はありません。熱海をリゾート地と呼ぶかどうかは置いておくとして、そんな気分にさせてくれる昭和の香りを残したお店であることは確かです。

熱海ナギザ(Nagisa)のメニュー

熱海の〈ナギザ〉(Nagisa)はトラットリアというよりカフェレストランかもしれませんが、気軽に入れるお店であることは確かです。


ナギザ(Nagisa)
〈住所〉静岡県熱海市渚町10-5
〈電話〉0557-81-8001
〈公式サイト〉http://www4.tokai.or.jp/nagisa/
https://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220502/22009965/


その2へ続きます。

www.menehunephoto.net


スポンサードリンク